SCORE CARDBACK NUMBER

桐光・松井だけじゃない!
注目株が味わった悲喜劇。
~甲子園・地方大会で続いた熱戦~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/08 06:00

桐光・松井だけじゃない!注目株が味わった悲喜劇。~甲子園・地方大会で続いた熱戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

愛媛大会の決勝で今治西を下した、済美の安楽智大。剛腕投手は「甲子園最速」を目指す。

 超高校級の実力を持つスター選手が次々と都道府県大会で姿を消している。もっとも話題になったのが、昨年夏の甲子園大会で4試合投げ、驚異の奪三振率17.00を記録した松井裕樹(桐光学園)が、強豪・横浜のストレート狙いの術中にはまって神奈川大会準々決勝で敗退したことだ。

 横浜は1回、先頭の川口凌がスライダーを狙い打って二塁打を記録、後続も凡退など、当初はスライダーに狙いを定めたようなスイングを繰り返した。

 さらに、この日の松井のストレートが自己最速の149kmを計測したように好調だったこと、ボールを受ける捕手が1年生の田中幸城だったためワンバウンドになるスライダーが投げづらかったことなど、ストレートを主体にピッチングを組み立てる要素が少なからずあった。

 横浜はそういった松井の心中を見抜いたようなストレート狙いを2回以降徹底した。4回には4番高濱祐仁がストレートと見まがうような抜けたチェンジアップを、7回には2番浅間大基がストレートを狙い打ちし、2本のホームランで勝負を決めた。

済美の安楽智大は愛媛大会準決勝で最速157kmを計測!

 その同じ日(7月25日)、東東京大会準決勝では中村祐太を擁する関東一が二松学舎大付の前に敗れ去った。中村は昨年春の選抜、ストレート一本槍と言っていい投球でチームをベスト4に導いた“ストレートの魔術師”である。

 しかし、二松学舎大付戦ではそのストレートが高めに浮いて7点を失い、7回途中で降板した。直球勝負は甘く入ると痛打されるという悪しき見本を、2人の超高校級は図らずも示したといえる。

 一方で、満を持して甲子園に登場するのが、今春の選抜で2年生としては史上最速となる152kmのストレートを投げた安楽智大(済美)だ。愛媛大会準決勝の川之江戦では自己最速157kmを計測、好投手タイプの松井、中村とは次元の異なる剛球で初の夏制覇をめざす。

 安楽率いる済美と双璧をなすのが、昨年の甲子園王者、大阪桐蔭である。捕手として藤浪晋太郎(阪神)を好リードし、打っては1番打者として打率4割をマークした森友哉が今年も元気だ。

 '04~'05年に駒大苫小牧が達成して以来、8年ぶりの夏連覇はこの選手の双肩にかかっていると言っていいだろう。

関連コラム

関連キーワード
済美
安楽智大
横浜
松井裕樹
桐光学園
高濱祐仁
田中幸城
大阪桐蔭
森友哉
甲子園

ページトップ