SCORE CARDBACK NUMBER

「人類最速」チャプマンの
緻密なデビュープラン。
~ストラスバーグとの明暗~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/09/22 06:00

「人類最速」チャプマンの緻密なデビュープラン。~ストラスバーグとの明暗~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

9月1日にはデビュー2戦目にして初勝利。1イニングを2奪三振パーフェクトに抑えた

 8月31日、レッズの左腕アロルディス・チャプマンが、メジャーデビューを果たした。昨夏、キューバから亡命。1月にレッズと6年契約を結び、今季はマイナーで調整を続けてきた。昇格直前の27日には、3Aルイビルで105マイル(約169km)を計測。「人類最速」の肩書を引っ提げて登場し、2試合目には早くも初勝利を挙げた。ロースター枠が拡大される9月1日ではなく、その1日前に昇格したのも、プレーオフに出場できる条件として、8月末までにメジャー登録する必要があるからだった。

 才能溢れる若い選手をデビューさせるタイミングは、実は難しい。単に経験を積む目的だけであれば、9月以降で十分である。だが、主力として起用する場合、過酷な戦いに耐え得る体力を備えているかを見極める必要が出てくる。実際、6月に昇格したナショナルズのストラスバーグは、デビュー直後こそ快投を続けたものの、8月21日にマウンド上で違和感を訴えて降板。9月3日に「トミー・ジョン」と呼ばれる右ヒジ靭帯の再建手術を受け、来季の登板は絶望的となった。

プレーオフを見据え、チャプマンを温存したレッズ。

 '05年、マリナーズは当時19歳のフェリックス・ヘルナンデスに、マイナーとメジャーの合計で「年間180イニング以内」の投球制限を設定した。ウィンターリーグへの参加も禁止するなど、若きエース候補の体調管理には過剰なほど神経を尖らせた。マリナーズのチーフトレーナー、リック・グリフィン氏は、当時「能力はすばらしいが、彼はまだキッズ。自分の体のことを十分に理解できていない」と説明した。その後、ヘルナンデスは大きな故障もなく、メジャー屈指の速球投手に成長した。

 レッズのチャプマンに対するデビュープランも慎重だった。春先は先発で起用していたが、今季のチーム事情を考慮し、6月以降は救援として経験を積ませた。プレーオフの秘密兵器として、満を持して起用するためだった。

 才能があれば、一瞬だけ光ることは可能だろう。ただ、長く輝き続けることは簡単ではない。デビュー時に脚光を浴びながら、人知れず消えて行った選手は数知れない。たとえ「人類最速」を計測しても、豪快な奪三振ショーを演じても、新人にとっては、まだほんの第一歩に過ぎない。

■関連コラム► “史上最速の男”チャプマンが、レッズ躍進を加速させる!
► じん帯断裂のストラスバーグ。「トミー・ジョン手術」は大丈夫か?

関連キーワード
アロルディス・チャプマン
シンシナティ・レッズ

ページトップ