REVERSE ANGLEBACK NUMBER

スーパーボウル兄弟決戦は兄の勝利。
弟の夢を奪った“えげつない”選択。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/02/06 10:30

スーパーボウル兄弟決戦は兄の勝利。弟の夢を奪った“えげつない”選択。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

兄弟対決は兄の勝利。試合後、弟のジム・ハーボー(左)が兄のジョンを祝福。兄は試合前、「勝者に歓喜、敗者には落胆が待っている。試合後に弟と握手をしたり、抱き合ったりする姿は想像できない」とコメントしていた。

 今年のスーパーボウルはいろいろあった。ボルティモア・レイブンズ(以下BAL)とサンフランシスコ・フォーティーナイナーズ(以下SF)の顔合わせになったが、両チームのヘッドコーチは兄弟。史上はじめての「骨肉の争い」である。加えてBALの名LB、レイ・ルイスがこの試合限りでの引退を表明していた。花道を飾れるかも注目。そしてSFのほうはシーズン途中からスターターに座った若いQBコリン・ケイパーニックがNFLの試合経験10試合あまりでトップに上り詰めるかも興味深かった。

 試合もはじまってみると期待通りの盛りだくさんだった。第3QのはじめまではBALの一方的な攻勢。QBサックやパスインターセプトなど守備陣が奮闘し、キックオフリターンのタッチダウンも出て28対6とリードする。

 ところが第3Qの8分過ぎに停電で34分試合が中断した後は様相が一変する。頭の中の電球も付け替えたみたいにSFのQBケイパーニックのパスが冴えて追い上げがはじまった。守備陣もQBサックを決めるなどSFに勢いが出てくる。

 SFが取って、取って、取られて、第4Qでは一時は2点差まで行った。後半の好調ぶりを見るとSFの逆転は必至と思えたが、BALはFGで差を広げ、守備陣が残り2分からのゴール前5ヤードのピンチを守りきって12年ぶりの勝利をものにした。

第4Qの大詰めで見せた「えげつなさ」が勝敗を分けた。

 ともに守備の強力なチームらしくサックが飛び出して攻守を一変させる場面があったし、攻撃もBALはQBジョー・フラッコの冷静なパスワーク、SFはケイパーニックのランなど見せ場も多かった。

 勝負を分けたプレーはいくつもあげられる。

 ターンオーバーが展開に影響したのはいうまでもない。第3Qにタッチダウンで2点差に迫ったSFがそのあとキックではなく2点を取って同点にするプレーを選んで失敗したのも微妙に響いた。一気に同点をねらうのは勢いからいえば当然かもしれないが、まだ第4Qもあることだし、確実にキックで1点を加えて、相手に心理的重圧をかけるほうが正解だったかもしれない。

 だから、このプレーが勝敗を分けたと断言はできない。それよりも面白かったのは、最後の最後でBALが見せた「えげつない」プレー選択だ。

【次ページ】 SFから大逆転の可能性を奪ったBALの堅実すぎる選択。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ボルティモア・レイヴンズ
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
レイ・ルイス
ジョン・ハーボー
ジム・ハーボー

ページトップ