ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

エジプト戦完勝で、メダルが見えた!
全ての課題をクリアした関塚ジャパン。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2012/08/05 12:00

エジプト戦完勝で、メダルが見えた!全ての課題をクリアした関塚ジャパン。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

追加点を決めた吉田が、渾身のゴールパフォーマンス! お笑いコンビ「タカアンドトシ」と約束していたという“俺だ俺だ俺だ俺だ”のギャグ。

 歴史の壁とは、かくもあっさりと押し破られるものなのだろうか。準々決勝で日本はエジプトを3-0で破り、メキシコ五輪以来44年ぶりにベスト4へと進出したのである。

 試合後の選手の表情は、一様にホッとしていた。 

 今大会自身初のゴールを決めた吉田麻也も「ベスト4は準備はしていたけど、イメージはしていなかった」と、苦笑しながら喜びを噛み締めていた。先制ゴールを決めた永井謙佑も「嬉しいっすねぇ」と終始にこやかだった。それも「最高のゲームが出来て、しっかり勝てた」(東慶悟)からであろう。

 エジプト戦を迎えるに当たり、チームは2つの懸念を抱えていた。3試合2得点という数字が示すように先制後、追加点が奪えないという得点力不足。そして、サブメンバーの調子が上がらないことだった。だが、この日の日本は、それが杞憂だったことを結果で証明してくれた。 

世界に誇る、日本最大の武器“ナガイ・アタック”!!

 前半14分の先制ゴールは、清武弘嗣-永井謙佑のホットラインから生まれた素晴らしい一撃だった。一度、ボールを奪われた清武が諦めずにボールを追い、奪い返すとすぐに前線にきれいな弧を描いたパスを出した。それを永井が受け、決めたのだ。

 モロッコ戦も同じような型でゴールが生まれたが、この“ナガイ・アタック”は、日本の最高かつ最大の武器になっている。この日も見事な決定力でゴールを決め、エジプトに焦りとショックを与えた。

 永井はこのゴールの後、太ももの打撲で交代を余儀なくされ、代わりに入ったのが齋藤学だった。ホンジュラス戦では動きにキレがなく今ひとつだったが、エジプト戦では見せてくれた。

 それが、前半41分のプレーだった。東からのパスを受け、そのまま縦に突破しようとした瞬間、相手センターバックに倒された。

 決定機を潰したと判断され、DFサード・サミルは一発退場。それまで齋藤は、幾度となく縦に抜ける動きを見せていたが、この時は「ゴール以上に大きかった」(吉田麻也)という仕事をしたのである。

【次ページ】 スペイン戦時より、はるかに成長していた関塚ジャパン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
関塚隆
吉田麻也
清武弘嗣
永井謙佑
齋藤学
大津祐樹
東慶悟
酒井宏樹
サード・サミル
アハメド・アラー
ロンドン五輪
五輪男子サッカー

ページトップ