SCORE CARDBACK NUMBER

世界の“総スペイン化”が
退屈の後にもたらす未来。
~旧態依然のカウンターは下火!?~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/07/25 06:00

世界の“総スペイン化”が退屈の後にもたらす未来。~旧態依然のカウンターは下火!?~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

EURO決勝、スペインはイタリアに4-0で圧勝。世界にその強さをあらためて示した。

 4年前、スペイン対ドイツのEURO決勝が「テクニック対フィジカル」と評されていたことが、もはや遠い昔の話のようだ。「ドイツ=フィジカル」でないのは、今さら言うまでもないが、今回のEUROでは、イタリアやイングランドなどにも志向の変化はうかがえた。全体的な傾向を大雑把に括れば、ショートパス重視で攻撃を進める、スペイン的なサッカーへと向かっていたのである。

 これはヨーロッパだけの話ではない。先月行なわれたワールドカップ・アジア最終予選でも、そうだった。かつては徹底的に守備を固め、一発のカウンターに狙いを絞っていた中東勢が、ショートパスをつないで攻めようとしていたのだ。

 もちろんヨーロッパとアジアとでは、レベルは異なる。だが、起きている事象の本質的な部分では、共通している点があるのではないかと思う。

 現在の日本に、スペイン(あるいは、バルセロナ)が多大な影響を与えていることは、Jリーグでも、高校選手権でも、日々実感できる。ところが、“スペインかぶれ”は、日本だけではなかった。まるで世界中が、いかにスペインを倒すか、ではなく、いかにスペインのようになるか、を目指しているかのようだった。

現状の“つなぐ中東”に、日本としては怖さを感じないが……。

 そうした傾向は、しかし、勝負を退屈なものにしてしまいがちだ。実際、アジア最終予選でも、日本側から見ると、下手につなぐより従前の中東スタイルのほうがはるかに脅威だったし、EURO決勝でのスペインから見たイタリアにもまた、同じことが言えるだろう。

 とはいえ、恐らくはこうした状況がしばらく続く。誰も急にはスペインになれないからだ。必然、波乱は起きにくく、スペインがEUROを連覇したように、日本もまた、苦もなくワールドカップ出場を決めるだろう。勝負への興味という点では、決して歓迎すべき状況ではない。

 だが、ことアジアに限って言えば、日本がさらに強くなるためには、大陸全体のレベルアップが不可欠。いつまでも超のつく堅守速攻がまかり通っていたのでは、互いの成長につながらない。中東勢は一時的に牙を抜くことになったとしても、どこかで旧態依然としたスタイルからは脱皮する必要があった。

 それを考えると、しばしの退屈も決して悪いことではないのだと思う。

関連コラム

関連キーワード
EURO2012

ページトップ