ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ラウールが変えたブンデスリーガ像。
シャルケを去るスターが残したもの。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2012/05/10 10:30

ラウールが変えたブンデスリーガ像。シャルケを去るスターが残したもの。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

今年2月にはキャリア通算400得点を達成。CLでの最多得点記録(71点)も保持している。来シーズンはどこでプレーするのだろう?

 ラウールの2年が終わった。あっという間に。

 今年に入ってから、シャルケが契約延長に向けて再三働きかけていたものの、合意には至らず。来季からはヨーロッパ以外の国でプレーすることにしたという。その理由はこうだ。

「厳しい戦いをずっと続けてきて、疲労した部分がある。これからはもう少し家族との時間を増やしたいと思っている」

「疲労した」というのも、ある意味で当然のことかもしれない。

 この2シーズンのリーグ戦68試合のうち、負傷により欠場した試合が1試合、戦術的理由で今季最終戦をベンチから見守った他はすべてプレーしているのだ。リーグと並行して昨季はCL全12試合を、今季はEL11試合(移籍騒動に揺れて『戦術的理由』でプレーオフ1試合を欠場)を戦った。その数字が彼の体調管理がいかに高いレベルで行なわれていたかを示している。

「ラウールにパスを出すのはスイス銀行にお金を預けるのと同じ」

 約2年前、レアル・マドリーからやってきた際、シャルケファンをはじめドイツのサッカーファンはラウールを好意的に迎え入れた。当時、シャルケで背番号7番を背負っていた中国人のハオは、ラウールの加入が決まるや当然のようにその背番号を譲った。

 もちろん、ラウールの加入に懐疑的な見方をする者もおり、キャリアの下り坂にあるという声も聞かれていたのだが、そんな声をラウールはすぐに一蹴した。

 ホームのフェルティンス・アレナでのお披露目となるプレシーズンマッチで、いきなりゴールをあげたのだ。当時、ボランチを務めていたラキティッチは自信満々でこんなコメントを残した。

「ラウールにパスを出すというのは、スイス銀行にお金を預けるというのと同じようなものだ」

【次ページ】 厳しかったマガト監督もラウールだけには自由を許した。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
シャルケ
ラウール・ゴンザレス
内田篤人
フェリックス・マガト

ページトップ