ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

離脱者多数でU-23代表はどう戦う?
マレーシア戦前夜の最新現地ルポ。  

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/02/21 12:00

離脱者多数でU-23代表はどう戦う?マレーシア戦前夜の最新現地ルポ。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「(5カ月ぶりにU-23代表に選ばれて)感謝しないといけない、と。協会にも、関塚監督にも。その感謝の気持ちを結果で出せるようにしたい」と意気込みを語っていた原口元気

 いよいよ明日、2月22日水曜日、U-23日本代表が敵地クアラルンプールで、マレーシア戦を迎える。

 同月5日、アウェーでシリアに敗れ、総得点差で2位に落ち、自力突破が消滅したが、ここから本当の力が試されることになる。苦手なアウェーで勝ち点3を奪い、かつ大量得点を得るためには、どうすべきなのか。

 シリア戦の時は、一発でDFの裏を狙うか、大迫勇也に当てるだけの単純な攻撃しかなく、チャンスをほとんど作れなかった。それは、選手たちが悪質なピッチに慎重になり、相手のロングボール攻撃に付き合うように自分たちのパスサッカーを放棄したことが大きな要因だった。

 権田修一はシリア戦の敗戦から、それを克服する術を学んだという。

「蹴るなら蹴る。繋ぐなら繋ぐ。その戦い方をチーム全体で統一し、徹底することが大事だけど、シリア戦はそれが中途半端になり、みんなナーバスになってしまった。今回のマレーシア戦は、まず、その部分を明確にし、チームとしての戦い方をしっかり意思疎通していきたい。そうして、戦い方を貫ければ、チャンスも作れるだろうし、点が取れる可能性も増えてくる」

「基本的に繋ぐという自分たちのやり方を貫きたい」

 チームもピッチ対策を講じ、シンガポール合宿ではマレーシア戦に向けて現地の劣悪なピッチコンディションを想定し、状況に応じて戦う練習も行なった。

 選手たちの気持ちの整理もついているようで、東慶悟は「ピッチ状態にあまり左右されず、基本的に繋ぐという自分たちのやり方を貫きたい」と力強く宣言していた。

 だが今回のマレーシア戦は、戦力を含めてシリア戦以上に、厳しい状況に追い込まれている。シリア戦は3週間もの準備期間があったが、今回はわずかに4日間。戦力的にも清武は怪我で復帰できず、山崎亮平はシリア戦で左腕骨折、山田直輝もシリア戦後、怪我で離脱した。昨年11月のバーレーン戦、シリア戦で2ゴールを上げ、ラッキーボーイ的な存在になった大津祐樹も招集直前で、クラブから拒否された。それまでチームを支えてきたMF陣が軒並みメンバー表から消えたのだ。

【次ページ】 個人突破が仕掛けられるドリブラー、原口元気への期待。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
権田修一
東慶悟
原口元気
扇原貴宏
山口螢
ロンドン五輪
五輪男子サッカー

ページトップ