SCORE CARDBACK NUMBER

ラルーサを球宴の監督に。
辣腕コミッショナーの決断。
~際立つバド・セリグの統率力~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/02/21 06:00

ラルーサを球宴の監督に。辣腕コミッショナーの決断。~際立つバド・セリグの統率力~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨年、カージナルスをWシリーズ優勝に導いたラルーサと、トロフィーを渡すセリグ(右)

 昨季、カージナルスを世界一に導きながらその直後、突然の勇退を発表したトニー・ラルーサが、ミズーリ州カンザスシティで行なわれる2012年オールスターでナ・リーグの指揮を執ることが決まった。過去、前年にリーグ制覇を遂げた監督が翌年、異なるチームに所属して球宴監督を務めたことはあったが、引退した後の「一般人」となると79年ぶりのこと。そこには、コミッショナーのバド・セリグの強い意志があった。

 ラルーサといえば、ホワイトソックス、アスレチックス、カージナルスで計33年間にわたって監督を務め、その間、3回の世界一に輝いた名将。近年流行するセイバーメトリクスなどのデータ分析野球とは一線を画し、自らの着眼点と感覚を重視する“オールド・スクール”の野球を貫き続け、常に優勝争いを繰り広げてきた。そんなラルーサの長年の功績に対し、セリグが最高の晴れ舞台を用意したのだ。

「オールスターは、我々にとって最良のことを祝う機会。そんな祭典の中で、球史に残る監督経験を持つトニー・ラルーサの引退を祝うことができるとすれば、とても喜ばしいことだと思う」

「今後もMLBの発展に力を尽くしたい」と80歳まで契約延長。

 前例など関係ない。ワールドシリーズの開幕優先権をかける球宴に、ラルーサの引退セレモニーをジョイントさせてしまうほど、セリグの統率力は際立っていると言っていい。

 ルール上では同等でも、米コミッショナーの権限は、日本球界とは比較のしようがない。両リーグを各15球団に均一化するため2013年からアストロズがア・リーグへ移籍する懸案に加え、早ければ今季のポストシーズンからワイルドカードを各リーグ2チームに増やすなど、セリグの発案した条項は、ことごとく実現する方向で進んでいる。今回のラルーサの「特例監督」もしかり。理路整然とした施政方針と、その一方で時に情にも訴える弁舌は、米国のメディアにも異論を挟ませない。

 そのセリグは今オフ、年俸約14億円で2年間の契約延長を交わした。任期が切れる2014年末の時点で80歳。

「今後もMLBの発展に力を尽くしたい」。

 代行に就任した1992年以来、数々の実績があるだけに、同氏の言葉は説得力に満ちていた。

■関連コラム ► 名将ラルーサの監督術。~MLB33年のキャリアを検証する~
► ラルーサの知性と電撃的引退。~世界一の名将の頭脳と情~

関連キーワード
トニー・ラルーサ
バド・セリグ

ページトップ