リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

逃げるマドリー、追うバルサ――。
白熱のリーガ後半戦を徹底検証する。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/08 10:30

逃げるマドリー、追うバルサ――。白熱のリーガ後半戦を徹底検証する。<Number Web> photograph by Getty Images

第21節消化時点でレアルとバルサの勝ち点差は7。次回のリーグ戦での直接対決“クラシコ”は4月22日の予定。写真は24ゴールで得点ランキングトップのC・ロナウド

 ストで延期されていた第1節が1月末に行なわれ、2011-2012シーズンのリーガも無事折り返し地点に達した。そこで今回は後半戦を展望しよう。

 まずは上位の戦いから。

 開幕前に広く言われていたとおり、タイトルの行方はすでにバルセロナかレアル・マドリーのどちらかに絞られた。両者の間に現在3位以下のチームが割って入る可能性は限りなくゼロに近い。

 しかし、だからといって、つまらなくはならないのが今季の優勝争い。戦前の予想と直接対決の結果に反して、追う者と追われる者の順位が入れ替わっているからだ。

 バルサの逆転優勝はあるのか。

 はたまたマドリーが4年ぶりにリーガを制するのか。

マドリーは“追われる者の重圧”に耐えられるのか?

 後半戦の注目ポイントはふたつある。

 第一に、バルサが敵地でどれだけ勝ち点を積み重ねられるか。というのも、バルサが第8節以降ほとんど2位に甘んじているのは、ひとえにアウェーゲームの引き分けが多すぎるからだ。

 今季前半戦のカンプノウ以外でのポイント獲得率は、昨季の80.7%に対し、わずか59.3%。ここを改善しないことには、バルサはマドリーに“追われる者のプレッシャー”を感じさせることができない。

 そして、このプレッシャーが第二のポイント。はたしてマドリーは最後まで耐えられるのか。

 前半戦のペースを保つことができれば、たとえ4月のカンプノウで敗れても、マドリーは優勝する。統計上も有利で、リーガの過去を振り返ると、前半戦の首位“冬のチャンピオン”は53.8%の確率でそのままタイトルを手にしている。マドリーに限っていえば、その数字は68.8%まで伸びる。

【次ページ】 極度のプレッシャーにより格下との対戦でミスが出る。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
バルセロナ
レバンテ
エスパニョール
クラシコ

ページトップ