NumberEYESBACK NUMBER

空前の上昇気流に恵まれた、
なでしこリーグを振り返る。
~ブームで終わらせないために~ 

text by

早草紀子

早草紀子Noriko Hayakusa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/11/29 06:00

優勝杯を掲げる川澄を中心に歓喜に浸るINACの選手たち

優勝杯を掲げる川澄を中心に歓喜に浸るINACの選手たち

 11月12日、INAC神戸レオネッサが、最終戦を残して、なでしこリーグ初優勝を達成した。

 今季、リーグを取り巻く環境は一変。7月のワールドカップ優勝後に、なでしこ選手の姿を一目見ようとスタジアムに多くの人が足を運び、過去最大の観客動員を記録した。

 その中心は豪華メンバーを擁するINACだった。W杯優勝を経験した主将の川澄奈穂美ら生え抜き選手に加え、開幕前に澤穂希、大野忍、近賀ゆかり、南山千明の4選手が日テレ・ベレーザから移籍してきたチームは、常に注目の的だった。

 INACはタレント集団として見られることが多い。しかし、今年元旦に行なわれた全日本女子選手権で、昨季メンバーの力で日本一に登りつめ、その実力を証明済みだった。チームを率いたのは元ベレーザ監督の星川敬。昨年11月の就任後には「すべてを変える必要があった」と言うが、2部練習を取り入れるなど改革を施し、2カ月でチームを“戦う集団”に作り上げた。そこへ澤たちの大型移籍が実現し、7名もの代表選手を擁するビッグチームとなったのだ。

2位ベレーザ、3位浦和レッズレディース、それぞれのシーズン。

 今季、INACを意識しないチームはなかっただろう。下位チームはどれだけ失点を抑えられるかで自分たちの力量を量り、上位は「打倒、INAC」という意識で臨んだ。

 開幕前、対抗の一番手に挙げられたのは澤らの古巣ベレーザだった。「戦力がダウンしたから勝てない、と言われるのだけはイヤだった」と主将の岩清水梓は語っていたが、主力4人の抜けた穴はそう簡単に埋まらず、試行錯誤の1年を過ごした。それでもエースの岩渕真奈がケガから復帰し、チーム戦術が浸透し始めたシーズン後半は、個々のポテンシャルの高さもあいまって、試合内容も右肩上がりに向上。一時はINACに勝点差1にまで迫った。

 3位に食い込んだ浦和レッズレディースも苦しいシーズンを送った。経験豊富な選手が引退し、代表でも活躍する熊谷紗希はドイツへ移籍。チームになるための時間が足りなかったという印象だ。だが、U-19女子代表も多く、伸びしろは大きい。

<次ページへ続く>

【次ページ】 来季、INACの独走を阻むチームは現れるのか?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ