SCORE CARDBACK NUMBER

ひと味違うマリナーズ。
この強さは本物か?
~笑顔で答えるイチローの言葉~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/06/14 06:00

ひと味違うマリナーズ。この強さは本物か?~笑顔で答えるイチローの言葉~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 今や「弱小」のイメージが定着した感すらあるマリナーズが、今季は粘り強く戦っている。5月27日、ヤンキースを下して勝率5割に戻すと、翌28日も延長戦を制して地区2位に浮上したのだ。「この時期の5割は久しぶりですからね。何年ぶりですかね? 記憶にないぐらいですよね」。これまで個人記録ばかりを取り上げられてきたイチローにすれば、チームの勝敗に注目が集まる状況に、表情が和むのも当然だった。

 イチローが加入した2001年、マリナーズはメジャータイ記録の年間116勝を積み重ね、それまでの新興球団から強豪の仲間入りを果たした印象を植え付けた。だが、弱体化するのも早かった。大金を投入した補強がことごとく失敗し、'04年から3年連続最下位。'08、'10年には101敗を喫するなど、近年はシアトルの美しくも短い夏を待つことなく、早々と優勝争いから脱落してきた。

イチローだけでなく、4番オリボにも犠打を命じるウェッジ新監督。

 今季も、序盤は不安定な戦いが続いた。開幕2連勝後に7連敗。その後、2連勝しても4連敗と、瞬く間に黒星が並ぶ。4月下旬には借金7、首位レンジャーズとは7ゲーム差まで広がった。ファンの間にはあきらめムードが漂い、本拠地セーフコフィールドの観客数は史上ワーストの1万3000人ほどまで減少した。

 ところが、今季はずるずると下降しなかった。4月下旬に5連勝、5月中旬からは6連勝と、一気に盛り返す。原動力となっているのは、防御率3点台の投手陣。昨季サイ・ヤング賞のヘルナンデスに加え、'06年に15勝を挙げながら故障に泣き続けた左腕ビダードが復活し、さらに22歳の快速右腕ピネダが台頭するなど、充実した先発陣が破壊力不足の攻撃陣を支えている。低打率に喘ぐとはいえ、イチローだけでなく、4番オリボにも犠打を命じ、地味ながらも細かくつなぐ野球で接戦に持ち込むスタイルが定着した。「我々は正しい方向に向かっていると思う」。規律や自己犠牲を重要視するウェッジ新監督の厳しい姿勢が、若い選手に浸透し始めたことも見逃せない。

 では、マリナーズは本当に変貌し、勝てるチームになったのか。「そうだといい、というスタンスは変わらないですね」。いつものように慎重に言葉を選びながらも、笑顔で答えるイチロー自身が、誰よりも期待しているに違いない。

■関連コラム► 今季のイチローに望む記録は?(言わせろ!ナンバー 結果レポート)
► <運命のドラフトを巡る証言> イチロー ――オリックスの指名に天才打者は戸惑った。

関連キーワード
イチロー
エリック・ウェッジ
シアトル・マリナーズ

ページトップ