MLB Column from USABACK NUMBER

フィリーズvs.ヤンキース。
ワールドシリーズ徹底戦力比較。 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/29 10:30

フィリーズvs.ヤンキース。ワールドシリーズ徹底戦力比較。<Number Web> photograph by Getty Images

1.516とポストシーズンで驚異的なOPSを残したアレックス・ロドリゲス。リーグ優勝を決めたエンゼルス戦後、シャンパンファイトの最中に9年ぶりのワールド・シリーズ制覇への想いを語った

 ワールドシリーズの組み合わせが決まった。フィリーズとヤンキース、両リーグとも、最強チームが順当に勝ち上がってきたと言ってよいだろう。

 さて、以前のコラムで、「ワールドシリーズを制するのは10月に一番強いチーム」と書いたが、今回は、両チームの戦力を、10月(ポストシーズン)に限って比較してみよう。

 なお、比較の指標として、打力はOPS(出塁率と長打率の和

、詳しい説明はこちら

)、投手力はWHIP(投球回数当たりの四球とヒット数の和

、詳しい説明はこちら

)を用いた。

● 表1 OPSで見た打力の比較 (赤字は絶好調選手)
ヤンキース
打者名OPS
A・ロドリゲス 1.516 
D・ジーター1.029
J・ポサダ.845
松井秀喜.761
M・カブレラ.740
R・カノー.713
J・デーモン.677
M・テシェラ.580
 N・スイッシャー .378
 チーム平均 .800
フィリーズ
打者名OPS
J・ワース 1.207 
R・ハワード1.203
 S・ビクトリーノ 1.161
C・ルーイス1.000
C・アトリー.833
R・イバネス.720
J・ロリンズ.596
P・フェリース.567
  
 チーム平均 .840

 表1に打力の比較をまとめたが、チームOPSは、ヤンキースの8割0分0厘に対して、フィリーズが8割4分0厘と上回る。ヤンキースの絶好調選手がA-ロッド、ジーターの2人に限られるのに対し、フィリーズは、ワース、ハワード、ビクトリーノ、ルーイスと4人もいることがチーム打力の差となって現れた。

 もっとも、スランプに陥っていたデーモン、テシェラに、リーグ選手権シリーズ後半から当たりが戻ってきているので、打力はほぼ互角と見てよいだろう。

● 表2 WHIPで見た投手力の比較 (赤字は絶好調選手)
ヤンキース
先発WHIP
 C・C・サバシア  0.882 
A・ペティート1.053
A・J・バーネット1.309
  
救援WHIP
M・リベラ0.937
D・ロバートソン1.333
P・コーク1.504
D・マルテ1.504
J・チェンバレン2.102
P・ヒューズ2.355
A・アセベス3.004
 チーム平均 1.220
フィリーズ
先発WHIP
 P・マルティネス  0.286 
C・リー0.699
J・ブラントン1.241
C・ハメルス1.510
救援WHIP
C・ダービン0.000
B・リッジ1.000
朴賛浩1.502
R・マドソン2.000
B・アイヤーズ2.985
J・A・ハップ2.997
A・バスタルドー3.003
 チーム平均 1.175

 投手力については表2にまとめたが、ヤンキースのチームWHIP1.220に対して、フィリーズが1.175と、わずかに上回る。ヤンキースはサバシア、フィリーズはリーと、ともにエースが絶好調だ。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  不安はヤンキース、フィリーズともに中継ぎ陣だ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ブラッド・リッジ
クリフ・リー
デレク・ジーター
ライアン・ハワード
アレックス・ロドリゲス
CC・サバシア
リベラ
フィラデルフィア・フィリーズ
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ