サハラマラソン挑戦記BACK NUMBER

ついにサハラ砂漠252kmを完走……。
地獄のマラソンを通じて分かったこと。 

text by

松山貴史

松山貴史Takashi Matsuyama

PROFILE

photograph byTakashi Matsuyama

posted2011/05/13 06:00

ついにサハラ砂漠252kmを完走……。地獄のマラソンを通じて分かったこと。<Number Web> photograph by Takashi Matsuyama

ゴール後に完走メダルをかけてもらった。徒労感に襲われる

●4月8日(金)レース6日目……5th stage Total 42.2km、CP1:12.3km、CP2:22.3km、CP3:30.9km

 AM5時45分起床。シュラーフからなんだか犬の匂いがした。8日間もシャワーを浴びていないのだから仕方ない。けれども少しショックだった。

背負って走った全食料。こんなにあったのに

 AM6時、いつもの如くベルベル人が登場。慣れとは恐ろしいもので、皆ベルベル人の作業の横で淡々と自分の作業を進めていく。しかし何でいつも日本人テントから始めるのだろうか? 他のテントから買収されているのか? フランス語をきちんとやっていれば抗議のひとつもできたのにと、少し後悔。

 朝支度をしていると恐ろしいことが発覚。

 食料が底を尽きつつあるのだ。残り2日でラーメンが1食分、味噌汁3食分、あとはお菓子しかない……一日の楽しみは食事だけなのに。

 荷物を減らすために、献立を無視して好きなだけ食べていた罰だろう。考えても仕方ないので、一晩寝かせて冷たくなったスニッカーズを主食に味噌汁を飲む。カロリー的には問題ないが、これで次の食事まで耐えられるかはなはだ心配だ。

崖のような山道を走るコース。さすがに6日目ともなると慣れてしまう

 いつものことだが、不安だらけでスタート地点へ向かう。パトリック氏のスピーチ、誕生日紹介、音楽の一連の流れを経て、スタート。

 最後尾群が定位置になりつつあったが、ここに至るまでの苦しかった練習を思うと悔しくて仕方ない。体の調子は思ったほど悪くない(あくまで、前日までにトータル190km歩いたにしては、の話。日常生活だったら100%学校休むレベルだ)。膝の調子はすこぶる悪いが、同じテントの田島一斉さん、杉浦万正さん、そして漆原映彦さんから痛み止め、テーピング、サポーターなどいただいたお陰で、だいぶましになっている。

 残り2日なので、何を思ったのか、今日は無茶しようと決める。

 今日は距離が42kmの別名「マラソンステージ」なので、おそらく平坦な道が続くのだろうという甘い考えもあった。

 痛みを堪えて走ってみる。

 痛み止めを大量に服用しているので案外走れる上、オーバーナイトステージのダメージからか、周りの外国人選手の歩き方もぎこちなくなっているため、スイスイ抜かすことができた。

 だが調子に乗っていると1時間半ほどでひざに激痛が走る。運良くCP1が見えたので、とりあえず足を引きずりながらCP1にゴール。まだあと残り30kmもある。どうしたものか。

 しばらく休み、禁じ手の本日2錠目のペインキラーを飲んでスタート。

 10分ほど歩くと、目の前にどう考えても崖としか形容できないコースが現れる。レースも6日目なので慣れたが、今回ばかりは厳しそうだ。

【次ページ】 コース前方で、大きな銃声が聞こえた!!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
RUN特集

ページトップ