#1062
巻頭特集

記事を
ブックマークする

[第7戦 KEYMAN]ホセ・オスナ「“村上の後ろ”で孤軍奮闘も」

2022/11/04

「諦めない気持ちと意地を見せたかった」

 そんな思いを込めたホセ・オスナの一撃は8回、村上宗隆のタイムリーで4点差とした1死一、三塁からだった。

 オリックス3番手の山崎颯一郎の真ん中低めのスライダーを思い切り振り切った。“打った瞬間”の強烈な当たりにオスナがベンチに向かって吠える。確信の打球は左翼席に飛び込む3ランとなり、消えかけていたヤクルトファンの闘志に、もう一度、最後の最後の炎を燃やすこととなったのは確かだった。

 共にリーグを代表する4番打者を擁するチーム同士の対決。だからこそ5番打者が命運を握るとも言われ、その役割をきっちり果たしたシリーズでもあった。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Naoya Sanuki

0

0

0

前記事 次記事