今日も世界は走っているBACK NUMBER

松野明美、高橋尚子から田中智美へ。
女子マラソン選考問題は終わらない。  

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/03/20 10:30

松野明美、高橋尚子から田中智美へ。女子マラソン選考問題は終わらない。 <Number Web> photograph by Kyodo News

大阪国際で3位に入り、世界陸上の代表に選ばれた重友梨佐。今回の騒動で最も心をいためているのはおそらく彼女本人だろう。

「本大会で活躍が期待できる競技者」とは?

 実は、その頃から今回も使われた選考基準である「本大会で活躍が期待できる競技者」という文言は使われている。

 そして、重友選手はこの基準に基づいて選考された。

 しかし、2004年の高橋選手は、当然「本大会でメダル獲得または入賞が期待される競技者」でありながら、好記録で国内選考レースを優勝した坂本選手と土佐選手も「本大会でメダル獲得または入賞が期待される競技者」であり、優勝した彼女たちを落選させる理由がなく、“ところてん式”で落選となったのだ。

「期待できる競技者」というフレーズはどんな解釈もできる。

 そんな曖昧さを残している限り、女子マラソンの選考問題はこれからも解決しないのかもしれない。

毎日情報配信中! Number編集部 公式Twitterアカウント

関連コラム

BACK 1 2 3
松野明美
高橋尚子
田中智美
前田彩里
伊藤舞
重友梨佐

陸上の前後のコラム

ページトップ