SCORE CARDBACK NUMBER

41年ぶりの快挙達成。
中澤雅人の“二つの夢”。
~ヤクルト浮上の鍵になれるか~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/05/25 06:00

41年ぶりの快挙達成。中澤雅人の“二つの夢”。~ヤクルト浮上の鍵になれるか~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

最速147kmの直球とカットボールが武器。ヤクルトの選手として5年ぶりの新人王を狙う

「自分たちがいかに恵まれた環境で野球をやってきたか。それが分かった時、謙虚に野球に取り組めるようになった」。社会人時代(トヨタ自動車)をそう振り返ったのは、開幕から3連勝を記録したヤクルトの新人、中澤雅人である。

 '08年、予選で敗れた中澤ら11人のトヨタの選手は、他チームの補強選手として都市対抗に出場。その経験がひたむきに野球に取り組むきっかけになったと言う。

 当時のトヨタには'09年のドラフト1位、2位で共にロッテに入団した荻野貴司と、大谷智久がいた。荻野は関西学院大時代、ベストナインに5回輝き、大谷は甲子園の優勝投手で、早大時代もエースとして活躍した。一方、中澤は甲子園には出場したものの、中央大時代には二部落ちを味わい、大学通算5勝に終わっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 594文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
中澤雅人

プロ野球の前後の記事

ページトップ