炎の一筆入魂BACK NUMBER

広島が仕掛ける打順革命、思想は?
新井が5番ではなく6番に座る理由。

posted2017/05/29 17:30

 
広島が仕掛ける打順革命、思想は?新井が5番ではなく6番に座る理由。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「4番」の重責を知る新井の背中を見て、鈴木誠也は“本物の4番”になっていく。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 今年も広島打線は他球団の猛威となっている。交流戦までの49試合(5月28日現在)で、いずれもトップの打率2割7分8厘は、チーム打率2位のDeNAに2分7厘差、256得点はチーム得点2位の阪神に67得点差をつける。

 1番から3番まで田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の不動のタナキクマルトリオに、今年は4番に若い鈴木誠也が定着した。だが、固定された選手たちが結果を残すだけでなく、選手を入れ替えながら起用している。石原慶幸と會澤翼が併用される捕手を含め、49試合で打線は29パターンにのぼる。

 先発入れ替えは、ベテラン新井貴浩であっても、現在三冠王も視界に入れるブラッド・エルドレッドであっても例外ではない。昨年の日本シリーズ初戦でリーグMVPの新井を先発から外すことに躊躇しなかった。

打順を、あくまでも「つなぎ」「連結」で考える。

 各打順をタイプ別に配置するのではなく、打順の前後のつなぎ、「連結」を常に考えている。そのせいか、打順構成が型にはまっていない。

 たとえば5番。

 一般的に長距離タイプを置く打順に、広島は足があり小技もできる上位タイプの安部友裕を据える機会が増えた。

 長距離砲の松山竜平の不調など状態を見極めた上での選択。結果、1番から5番まで足が使える打線となったことで、相手にとってはやっかいな打線となった。

 機動力ばかりに目が行くが、打撃面にこそ効果がある。

【次ページ】 1番から8番まで「日本人の走れる選手で並べる理想」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田中広輔
菊池涼介
丸佳浩
鈴木誠也
石原慶幸
会沢翼
新井貴浩
ブラッド・エルドレッド
石井琢朗
東出輝裕
広島東洋カープ

ページトップ