JリーグPRESSBACK NUMBER

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。
2ステージ制の2015年を読む!(上) 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2015/02/25 10:35

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。 2ステージ制の2015年を読む!(上)<Number Web> photograph by AFLO SPORT

キックオフカンファレンスに集った2015年J1の18チーム。2ステージ制となる今季、どのようなドラマが見られるだろうか。

 J1開幕まで2週間を切り、移籍も一段落したところで、それぞれのクラブの陣容も見えてきた。

 今シーズンから2ステージ制+ポストシーズン制が採用されるリーグ戦。1年間を戦う総合力と同時に、ステージ制覇を目指す“短期決戦”の側面もある。各クラブは新たなシーズンをどのように戦おうとしているのか。

 それは、選手の補強動向からも分かる。

 1人の選手の加入、そしてフィット具合によって、大きくチーム力が変わるJリーグ。それを象徴するのは昨シーズン3冠を制覇したG大阪だ。シーズン途中に加入したパトリックが宇佐美貴史との強力2トップを形成して以降、チームが快進撃を見せたのは記憶に新しい。また川崎に移籍してから2年連続得点王を獲得した大久保嘉人のように、新天地に移ることで覚醒を果たす選手もいる。

 ここでは各クラブの主な移籍動向、またJクラブなどとのプレシーズンマッチ・練習試合の結果も確認できる範囲で掲載する。

 なおカッコ内は(ポジション/前所属or移籍先)だ。チーム紹介の順番は、おおよそ北から南への地方に準ずる。

●ベガルタ仙台

【主な移籍・加入動向】
In:六反勇治(GK/横浜FM)、渡部博文(DF/柏)、奥埜博亮(MF/長崎)、金久保順(MF/大宮)、金園英学(FW/磐田)、山本大貴(FW/松本)

Out:角田誠(DF/川崎)、太田吉彰(MF/磐田)、佐々木勇人(MF/京都)、武藤雄樹(FW/浦和)、赤嶺真吾(FW/G大阪)

【主なプレシーズン・練習試合の結果】
2月11日 vs.大分 ●1-3(45分×3)
2月18日 vs.広島 ●4-6(45分×4)
2月21日 vs.C大阪 ○2-1(45分×2)

 昨シーズン途中から就任した渡邉晋監督のもとで、チーム構成を大幅にリニューアルした。ここ数シーズンの主力だった角田、太田、赤嶺らといった経験ある選手がチームを去った一方で、新加入・復帰選手は計12人を数えている。その新戦力はすべて29歳以下の選手で、若返りを図って運動量豊富なサッカーを推し進めていくことが予想される。

 練習試合でアピールしているのは奥埜だ。1年半にわたるレンタル期間を経た25歳のアタッカーは、宮崎キャンプ中のC大阪戦で2ゴールを挙げた。ジュニアユース時代から下部組織に所属し、仙台大を経由してチームに加入した経歴を持つだけに、今後はチームの顔としての成長が期待される。

【次ページ】 守護神残留の山形、世代交代を進める鹿島。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
湘南ベルマーレ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
FC東京
柏レイソル
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
モンテディオ山形
ベガルタ仙台

ページトップ