JリーグPRESSBACK NUMBER

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。
2ステージ制の2015年を読む!(下)
 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/02/26 10:35

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。 2ステージ制の2015年を読む!(下)<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

今季ACLに出場するのはG大阪、浦和、鹿島、柏の4チーム。2008年のG大阪以来の優勝は果たせるだろうか。

 24日、25日とACLグループリーグ第1節が開催され、そして28日には富士ゼロックス・スーパーカップで昨年度三冠を達成したG大阪とリーグ2位の浦和が対戦するなど、すでに戦いの狼煙が上がっている今季のJリーグ。前回に続いて、J1残り9クラブの主な移籍加入動向、そして現状を紹介する。

 なお移籍選手のカッコ内は(ポジション/前所属or移籍先)、クラブは甲信越→東海→近畿→中国→九州の順番になっている。

●ヴァンフォーレ甲府

【主な移籍・加入動向】
In:河田晃兵(GK/G大阪)、野田紘史(DF/長崎)、渡邉将基(DF/北九州)、堀米勇輝(MF/愛媛)、ブルーノ・ジバウ(MF/パルメイラス)、ウィリアム・エンリケ(MF/ヴィトーリア)、アドリアーノ(FW/徳島)

Out:青山直晃(DF/ムアントン・U)、佐々木翔(DF/広島)、水野晃樹(MF/千葉)、河本明人(FW/栃木)、ジウシーニョ(FW/未定)、クリスティアーノ(FW/柏)

【主なプレシーズン・練習試合の結果】
2月14日 vs.横浜FM ●0-2(45分×2)
2月15日 vs.横浜FC ○2-0(30分×4)
2月17日 vs.金沢  ○3-2(45分×1.30分×2)
2月22日 vs.清水  ●0-1(45分×2)

 3シーズンにわたってチームを指揮した城福浩監督からバトンを受けたのは、樋口靖洋監督だ。昨年まで率いた横浜FMをはじめ、大宮、横浜FCでも指導経験があり、アグレッシブにボールを奪いに行く守備構築に長けている。

 そんな新体制に求められるのは攻撃面での進化。昨季の失点数は31と横浜FMに次ぐ少なさだったものの、27得点はワースト2位。その打開策として外国人選手3人を補強した。U-20ブラジル代表候補だったブルーノ・ジバウは20歳、ウィリアム・エンリケは23歳と若く、大化けに期待される。昨季途中から徳島に加入したアドリアーノは、C大阪時代の'10年に14得点を記録した点取り屋で、ゴール量産が期待される。

 日本人では169cmながら競り合いの強さが光る野田、空中戦での強さが武器の渡邉らが存在感を発揮すれば、チーム力は一段階上がるはず。

【次ページ】 大量補強の松本、少数精鋭で臨む新潟。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ヴァンフォーレ甲府
松本山雅FC
アルビレックス新潟
清水エスパルス
名古屋グランパス
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
サガン鳥栖

ページトップ