記事に戻る

130試合目でプロ初勝利 DeNAの“優しい男”平田真吾が明かす「今日打たれたら…ファームだ」から脱出できた理由

沖縄県宜野湾市で行われている横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ。クローザーの三嶋一輝やセットアッパーの石田健大といった主力リリーフ陣と同じ班で汗を流す平田真吾の姿が / photograph by KYODO 沖縄県宜野湾市で行われている春季キャンプでは、キャッチボールする平田真吾投手がいた ©JIJI PRESS 昨年10月7日の巨人戦ではプロ2試合目となる先発登板。5回2失点、7奪三振の好投を見せ、プロ7年目にして初勝利を掴んだ ©KYODO

沖縄県宜野湾市で行われている春季キャンプでは、キャッチボールする平田真吾投手がいた ©JIJI PRESS

沖縄県宜野湾市で行われている横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ。クローザーの三嶋一輝やセットアッパーの石田健大といった主力リリーフ陣と同じ班で汗を流す平田真吾の姿が / photograph by KYODO 沖縄県宜野湾市で行われている春季キャンプでは、キャッチボールする平田真吾投手がいた ©JIJI PRESS 昨年10月7日の巨人戦ではプロ2試合目となる先発登板。5回2失点、7奪三振の好投を見せ、プロ7年目にして初勝利を掴んだ ©KYODO

ページトップ