記事に戻る

劇的な日本シリーズ 大野豊「何故おれじゃなくて川口なのか」そのとき川口和久は… 【西武対広島】

本拠地で迎えた第7戦、最後のバッター野村を三振に斬ってとり、抱き合って喜ぶ工藤と伊東のバッテリー / photograph by Koji Asakura 秋山、清原、そしてデストラーデの強力打線に対し、達川は投手陣を巧みにリードして立ち向かった photograph by Hirokazu Takayama 川口和久(Kazuhisa Kawaguchi)1959年7月8日、鳥取県生まれ。'81年に広島入りし、主力として活躍。'86年からは6年連続で2ケタ勝利、その間に3度の最多奪三振を記録した。'95年、巨人に移籍。日本シリーズには3度出場して3勝1敗。現在は解説者 photograph by Takahiro Kohara 西武の強力打線を相手に、総力戦を展開した広島。山本監督は川口を中3日で第5戦に起用、気迫の勝利で日本一に王手をかけたが…… photograph by Masato Daito 大野豊(Yutaka Ohno)1955年8月30日、島根県生まれ。'77年に広島入団。43歳で引退するまで、通算148勝138Sをマークした。'88年には沢村賞受賞。日本シリーズには5度出場して2勝1敗2S。'91年は第2 、4 、5戦で登板した。現在は解説者 photograph by Koji Asakura シリーズ4本塁打と爆発しMVPに輝いた秋山。第7戦でも7回裏に2点本塁打を放ち、華麗にバック宙を決めた photograph by Masato Daito

大野豊(Yutaka Ohno)1955年8月30日、島根県生まれ。'77年に広島入団。43歳で引退するまで、通算148勝138Sをマークした。'88年には沢村賞受賞。日本シリーズには5度出場して2勝1敗2S。'91年は第2 、4 、5戦で登板した。現在は解説者 photograph by Koji Asakura

本拠地で迎えた第7戦、最後のバッター野村を三振に斬ってとり、抱き合って喜ぶ工藤と伊東のバッテリー / photograph by Koji Asakura 秋山、清原、そしてデストラーデの強力打線に対し、達川は投手陣を巧みにリードして立ち向かった photograph by Hirokazu Takayama 川口和久(Kazuhisa Kawaguchi)1959年7月8日、鳥取県生まれ。'81年に広島入りし、主力として活躍。'86年からは6年連続で2ケタ勝利、その間に3度の最多奪三振を記録した。'95年、巨人に移籍。日本シリーズには3度出場して3勝1敗。現在は解説者 photograph by Takahiro Kohara 西武の強力打線を相手に、総力戦を展開した広島。山本監督は川口を中3日で第5戦に起用、気迫の勝利で日本一に王手をかけたが…… photograph by Masato Daito 大野豊(Yutaka Ohno)1955年8月30日、島根県生まれ。'77年に広島入団。43歳で引退するまで、通算148勝138Sをマークした。'88年には沢村賞受賞。日本シリーズには5度出場して2勝1敗2S。'91年は第2 、4 、5戦で登板した。現在は解説者 photograph by Koji Asakura シリーズ4本塁打と爆発しMVPに輝いた秋山。第7戦でも7回裏に2点本塁打を放ち、華麗にバック宙を決めた photograph by Masato Daito

ページトップ