記事に戻る

雨中のシエラネバダでの遭難と、歩くことが求める「謙虚さ」。

遭難直前の井手くん。この時は雨中でも「かっこつけた」(本人談)写真を撮る余裕があった。 / photograph by Yusuke Ide 憧れのジュン・ミューア・トレイルの看板。  連続する峠越えはところどころに雪が残っている。  「フリーストアだ、好きなものを持っていけ」  手前にハーフドーム、右手にクォータードームという絶景。  ハーフドーム登り口付近に荷物を下ろす。  夕暮れと、ハーフドームと、テントと。  上高地のような雰囲気のヨセミテ・ヴィレッジ。  Tuolmne Meadowに戻るバスは観光客だらけ。  こんな川を何度となく渡らなければいけない。  雨中のシエラネバダでの遭難と、歩くことが求める「謙虚さ」。(11) Alex、気になっていた腰のパンプスは「病気になった恋人のもの」だそう。  灰色のカローラで迎えにきてくれたTed。 

ハーフドーム登り口付近に荷物を下ろす。 

遭難直前の井手くん。この時は雨中でも「かっこつけた」(本人談)写真を撮る余裕があった。 / photograph by Yusuke Ide 憧れのジュン・ミューア・トレイルの看板。  連続する峠越えはところどころに雪が残っている。  「フリーストアだ、好きなものを持っていけ」  手前にハーフドーム、右手にクォータードームという絶景。  ハーフドーム登り口付近に荷物を下ろす。  夕暮れと、ハーフドームと、テントと。  上高地のような雰囲気のヨセミテ・ヴィレッジ。  Tuolmne Meadowに戻るバスは観光客だらけ。  こんな川を何度となく渡らなければいけない。  雨中のシエラネバダでの遭難と、歩くことが求める「謙虚さ」。(11) Alex、気になっていた腰のパンプスは「病気になった恋人のもの」だそう。  灰色のカローラで迎えにきてくれたTed。 

ページトップ