スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

平均年俸とチームの強さが反比例。
広島とロッテの省エネ経営から学べ! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/05/14 08:00

平均年俸とチームの強さが反比例。 広島とロッテの省エネ経営から学べ!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2011年の年俸総額で1位の阪神と3位の巨人の指揮官がガッチリと握手。チーム成績もAクラス入りすれば良いのだが……

 日本プロ野球選手会が今季の球団別平均年俸を発表した。

 このランキングの楽しみ=見方は、お金の順位と成績がリンクしているかどうかにある。今季の5月11日現在の成績と比較してみると……

■2011年の球団別平均年俸ランキング
セ・リーグ
順位  球団  チーム成績  平均年  総年
1 阪神 5位(同率) 5546万円 34億9390万円
2 中日 4位 4882万円 30億2670万円
3 巨人 5位(同率) 4729万円 26億4830万円
4 横浜 3位 3476万円 19億8110万円
5 ヤクルト 1位(同率) 3430万円 21億2650万円
6 広島 1位(同率) 2638万円 15億8250万円
パ・リーグ
順位  球団   チーム成績  平均年  総年
1 ソフトバンク 1位 5278万円 31億6650万円
2 日本ハム 2位 3981万円 25億800万円
3 西武 5位 3669万円 23億1120万円
4 楽天 4位 3656万円 22億6680万円
5 ロッテ 3位 3129万円 20億3400万円
6 オリックス 6位 2798万円 17億660万円

 一目瞭然、セ・リーグの場合は年俸上位3球団が下位に沈み、ヤクルト、広島が上位に来ているところが実に興味深い。というより……下剋上が進行中で面白い展開になっている。

 一方、パ・リーグではソフトバンク、日本ハムが順当な感じだが、ロッテの健闘が光る。

出費は減っても戦力は上昇!? ロッテ、好調の要因とは。

 ロッテは昨年の日本シリーズの優勝チームでありながら、昨年と比べて平均年俸は10%以上もダウンしている。

 この要因は西岡剛のメジャー移籍、そして小林宏之の阪神移籍など理由がハッキリしているのだが、裏を返せば、来季にそれなりの投資額を用意できる――ということを示してもいる。ロッテファンは来季が楽しみだったりして。

 ロッテが好ましいのは、トップバッター西岡の穴を、自前で育てた岡田幸文がしっかり埋めていること。出塁率が低いのは物足りないが、積極的なバッティングが功を奏している。

 チームとしてのロッテの特徴は、三振が少なく、四球の数が多い=出塁率が高いということだ(これは昨季から同じ)。打線としての規律がしっかりしていれば、ある程度チャンスは作れる。実は、チャンスメーカーは自前で育てることが出来るし、さほど費用はかからない。

 そのチャンスを絶好調の井口資仁(現在、出塁率と長打率の和、OPSが.900を超えている。いや、恐ろしい打者だ)が返すというパターンが出来ている。

 裏を返せば、ランナーを返す人はなかなか自前では育てられないので、各球団とも助っ人選手を呼んできたりするのだが、ロッテはランナーを得点に換える井口にドカンとお金を払って、効率のいい状態になっている。

【次ページ】 “お買い得打線”が牽引するヤクルト、広島の快進撃。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
千葉ロッテマリーンズ
東京ヤクルトスワローズ
広島東洋カープ

ページトップ