野ボール横丁BACK NUMBER

二大アンダースロー投手の徹底比較。
牧田と渡辺俊は打者からどう見える?
 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2011/05/16 11:55

二大アンダースロー投手の徹底比較。牧田と渡辺俊は打者からどう見える?<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

通常のアンダースローよりさらに低い位置から繰り出される独特のスタイルを持つ牧田和久。スライダー、カーブ、シンカー、シュートなどの球種を持つが、マックス135キロしか出ていないストレートも、テンポや握りを変えたりするなどして変化をつけていると言われる

 アンダースローから繰り出される真っ直ぐの球速は、そのほとんどが130キロから132キロ。この程度の球速で、あそこまでプロの打者が差し込まれたり、空振りしたりするのを見たのは、あるいは初めてかもしれない。

 5月6日、好投するもなかなか勝ち星に恵まれなかった西武のルーキー、牧田和久が楽天から完封勝利を挙げた。6本のヒット以外で外野に飛んだ打球は、わずか4本しかなかった。印象としては、ボールの勢いに楽天の各打者のバットがグシャッっと潰されているような感じだった。

 もうひとつ特徴的なのは、とにかく投球テンポが速いということ。

 スコアブックに球種や球速をのんびり書き加えていると、顔を上げたときには、次の投球が終わっているということが何度かあった。

 試合後、牧田から3三振を喫した山崎武司が「あの投球はマナー違反」とクレームをつけたのは、そんな理由による。それに関しては、人によって意見が分かれるところだろう。ひとまずここでは、山崎が文句を言うのも自由だし、牧田は牧田でそれも投球術の内だと主張する権利もある、という程度にとどめておきたい。

膝の高さに見えるボールが、打つ時は顔の高さまで来ている!

 その日、3番を打ち、4打数1安打に終わった中村真人は試合後、身振り手振りを交え牧田の真っ直ぐの印象をこう語った。

「このへんに見えるのが、こう、グワッとくるんですよ」

 打つ前は膝の高さに見えるボールが、実際に打ちにいくと顔のあたりに向かってくるように見えるのだという。

「低めだと思うからつい手を出してしまうんですけど、打ちにいくと高めなんです。下から這い上がってくる感じです。そのイメージが残ってしまうので、変化球とかもついていけないんですかね……」

【次ページ】 上がって落ちる渡辺俊介の球とはまったく違う!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
牧田和久
渡辺俊介
埼玉西武ライオンズ
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ