SCORE CARDBACK NUMBER

土居美咲に漂う
クルム伊達と同じ“匂い”
~今季急成長した19歳の強み~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/12/18 08:00

土居美咲に漂うクルム伊達と同じ“匂い”~今季急成長した19歳の強み~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

第1シードとして臨んだ全日本選手権では攻めのテニスに徹し、狙い通りの優勝を果たす

 クルム伊達公子が好例だが、自分のやるべきことが分かっていて、それをそのままコートで実践できる選手は強い。今シーズン急成長した19歳、土居美咲にも伊達と同じ“匂い”がある。

「サーブとフォアハンドで攻める」と目指すテニスは明快だ。しかも、今季は大会ごとの位置づけが明確だった。テニス選手は「チャレンジする大会、勝ちにいく大会」という言い方をする。どこまでできるか分からないが、あわよくば一人でも二人でも上位選手を倒してやろう、というのが前者で、ある程度結果を期待して出場するのが後者だ。

 この春、「海外でやっていたほうが強くなる」と欧州遠征に旅立った土居は、全仏オープンで予選を突破し、四大大会に初出場した。これは「チャレンジ」の大きな成果だった。一方、11月の全日本選手権は、勝ちにいく大会だった。世界へのステップとして、ぜひともほしかったタイトルだ。土居は表彰式で「この大会は最初から優勝を狙って勝ちにきていたので、優勝できてうれしく思います」とスピーチした。優勝を公言すれば重圧がかかる。しかし、彼女にはそれを引き受ける覚悟があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 420文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

土居美咲

テニスの前後のコラム

ページトップ