世界陸上PRESS 

悲願のメダルを生んだ「先人の土台」。谷井孝行の快挙は、競歩界の総力だ。

悲願のメダルを生んだ「先人の土台」。
谷井孝行の快挙は、競歩界の総力だ。

世界陸上PRESS

8月29日、世界選手権の競歩50kmで谷井孝行が銅メダルを獲得し、荒井広宙が4位入賞を果たした。谷井は昨年のアジア大会で金メダルを獲得、世界ランキング3位で臨んだ大会で、日本競歩にとってオリンピック、世界選手…続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/31

日本が失った“アジアNo.1”の座。男子4×100mに何が起こったのか。

世界陸上PRESS

日本が失った“アジアNo.1”の座。
男子4×100mに何が起こったのか。

北京国家体育場、通称“鳥の巣”に「ハッピーバースデイ」の歌が響いた。スタジアムの1、2階席を埋め尽くした中国の観客が大きな… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

2015/08/30

200mこそ、ボルトが最も強い距離だ!最後は流して今季世界最高19秒55。

世界陸上PRESS

200mこそ、ボルトが最も強い距離だ!
最後は流して今季世界最高19秒55。

フィニッシュラインを前にしてウサイン・ボルトは笑った。陸上の世界選手権男子200m決勝。コーナーを抜けた時には、2レーン内側… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

2015/08/28

大迫傑の5000m予選敗退は快挙だ!日本人が苦しんだ「中間走」を克服。

世界陸上PRESS

大迫傑の5000m予選敗退は快挙だ!
日本人が苦しんだ「中間走」を克服。

大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)は5000メートルで13分45秒82、1組目の7着となり、決勝進出はならなかった。新聞によっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/28

十分な伸びしろ感じたサニブラウン。ボルトとの勝負は「来年に!」と明言。

世界陸上PRESS

十分な伸びしろ感じたサニブラウン。
ボルトとの勝負は「来年に!」と明言。

収穫の多い2日間だった。サニブラウン・アブデル・ハキームは、世界選手権の200mで、期待に応える、いや上回ると言ってもよいパ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/27

2915日後に立ったTVの“向こう側”。やり投げ・新井涼平が世界陸上で9位。

世界陸上PRESS

2915日後に立ったTVの“向こう側”。
やり投げ・新井涼平が世界陸上で9位。

わずかな差を噛みしめるのは、これからなのかもしれない。鎬を削り、そして届かなかったという事実を。陸上の世界選手権に初出場… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

2015/08/27

福島千里、決勝ならずも復活の気配。100m予選の「悪いところがない」走り。

世界陸上PRESS

福島千里、決勝ならずも復活の気配。
100m予選の「悪いところがない」走り。

惜しかった。あらためて2つのレースを思い浮かべると、そう感じる。8月24日、女子100mの準決勝が行なわれた。日本女子初の決勝進… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/25

ボルトが自分ではなく人間と闘った。最大のライバルに勝利したその心中。

世界陸上PRESS

ボルトが自分ではなく人間と闘った。
最大のライバルに勝利したその心中。

これまでのボルトのレースで、もっとも感動したレースだったかもしれない。ボルトが「勝負師」であることを証明したレースだった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/24

「取材に時間をあてすぎた」競歩・鈴木雄介が抱えた自覚と葛藤。

世界陸上PRESS

「取材に時間をあてすぎた」
競歩・鈴木雄介が抱えた自覚と葛藤。

世界選手権男子20km競歩で、スペインのミゲル・アンヘル・ロペスが優勝を決めてから約1時間後、鈴木雄介(富士通)は日本の記者… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

2015/08/24

“夏場になれば強い”は幻想だった。連続入賞逃した日本マラソンの現実。

世界陸上PRESS

“夏場になれば強い”は幻想だった。
連続入賞逃した日本マラソンの現実。

「現実を突きつけられました」日本陸上競技連盟で男子長距離マラソン部長を務める宗猛氏の、レース後のコメントがすべてを物語っ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/23

日本マラソン界の停滞感を打ち破る。前田彩里、走りも意識も急成長中。

世界陸上PRESS

日本マラソン界の停滞感を打ち破る。
前田彩里、走りも意識も急成長中。

前田彩里(さいり)、日本女子マラソンの新星である。マラソン経験はまだ2度、しかしどちらのレースでも強い印象を残した。23歳… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/22

日本史上初の入賞可能性を持つ男。十種競技の「キング」、右代啓祐。

世界陸上PRESS

日本史上初の入賞可能性を持つ男。
十種競技の「キング」、右代啓祐。

過去、世界陸上選手権で日本勢の注目種目と言えば、マラソン、400mリレー、そして室伏広治のいたハンマー投、さらには世界水準の… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

2015/08/22

「駅伝には興味がないんですよ」大迫傑が19歳で見据えていた“世界”。

世界陸上PRESS

「駅伝には興味がないんですよ」
大迫傑が19歳で見据えていた“世界”。

ついに大迫傑が、大仕事をやってのけた。7月18日、ベルギーのヒュースデンゾルダーで行われた「ナイト・オブ・アスレチックス」… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/22

サニブラウンは既に勝負の綾を知る。東京五輪を21歳で迎えるという事実。

世界陸上PRESS

サニブラウンは既に勝負の綾を知る。
東京五輪を21歳で迎えるという事実。

アスリートが負けて爽やかな笑顔を見せるためには、それなりの経験を必要とする。勝つこともあれば、負けることもあるさ。そんな… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/21

アジア出身初の9秒台スプリンター。世界陸上で新たな歴史を刻む蘇炳添。

世界陸上PRESS

アジア出身初の9秒台スプリンター。
世界陸上で新たな歴史を刻む蘇炳添。

近年、中国の男子短距離は著しい進化を遂げてきた。2013年にモスクワで行なわれた世界選手権の100mでは、2名が準決勝に進出。昨… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/21

大瀬戸一馬の“勝負強さ”を見よ!「短距離界エース候補」に返り咲け。

世界陸上PRESS

大瀬戸一馬の“勝負強さ”を見よ!
「短距離界エース候補」に返り咲け。

大瀬戸一馬にとって、北京で行なわれる世界陸上は初めての大舞台であり、さらなる飛躍のための試金石でもある。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/21

ロールモデルと陸上選手の間で。アリソン・フェリックスという生き方。

世界陸上PRESS

ロールモデルと陸上選手の間で。
アリソン・フェリックスという生き方。

世界陸上、オリンピックと取材してみて、アリソン・フェリックスほど、「ロールモデル」であることを意識しているアスリートは、… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/21

北京は“ボルト伝説”始まりの地。「俺の種目」200mで夢の18秒台へ。

世界陸上PRESS

北京は“ボルト伝説”始まりの地。
「俺の種目」200mで夢の18秒台へ。

ウサイン・ボルトというスプリンターは、「世界陸上」という獲物を狙い、仕留め、成長してきた。私がはじめてボルトを見たのは、… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/08/20

福島千里、世界陸上で完全復活へ。他者の目を振り払い、自分に集中を。

世界陸上PRESS

福島千里、世界陸上で完全復活へ。
他者の目を振り払い、自分に集中を。

福島千里は、まぎれもなく日本女子短距離のエースである。あらためて足跡を振り返ってみれば、これまでに成し遂げてきたことの大… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/20

鈴木雄介は「競歩の申し子」である。金候補筆頭として世界陸上に挑む。

世界陸上PRESS

鈴木雄介は「競歩の申し子」である。
金候補筆頭として世界陸上に挑む。

競歩の申し子である。昨年の世界ランキング1位。今年も世界ランキング1位。しかも、世界記録保持者。世界のトップを狙える位置に… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2015/08/20

ページトップ