世界陸上PRESSBACK NUMBER

福島千里、決勝ならずも復活の気配。
100m予選の「悪いところがない」走り。

posted2015/08/25 11:15

 
福島千里、決勝ならずも復活の気配。100m予選の「悪いところがない」走り。<Number Web> photograph by AFLO

女子100mで期待を集めた福島千里だが、準決勝では予選時の好調な走りができず、風の条件は良化していたがタイムは落ちてしまった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 惜しかった。

 あらためて2つのレースを思い浮かべると、そう感じる。

 8月24日、女子100mの準決勝が行なわれた。日本女子初の決勝進出をかけ、福島千里は準決勝2組に登場したが、11秒32(追い風0.9m)で組の7位に終わり、決勝進出はならなかった。

 走り終えた直後、電光掲示板に目をやって下を向いた。引き揚げてくるときも、振り返っては何度も掲示板に目を向けた。表情は厳しかった。

「予選と同じような走りはできなかった」

 福島は言った。

 前日の23日に行なわれた予選では、日本記録にあと0.02秒、海外の大会では日本最高記録となる11秒23の好タイムをマーク。しかも向かい風0.5mの条件のもとで出した記録だ。

 その走りからすると、準決勝では硬さがやや見られた。スタートはよかった。ただ、中盤あたりから、伸びなかった。

 福島自身は、レースを振り返って、こう語っている。

「スタートからもっと乗れるところで、ちょっと乗り切れなかったというのはあります。もちろん、欲はあったと思いますけど、そんなに硬くなるほどすごくあがっていたわけでもないし、そういう気持ちでなかったと自分では思っていましたが」

 そう語りつつ、予選との走りの違いは認めていた。

「少し硬さはありました。80mのあたりは本当にガチガチと走っていました」

 悔いが残っただろう。

「すごくよかった。悪いところがない」

 予選での走りが物語っていたように、大会への仕上がりは好調だった。何よりも、福島の笑顔がそれを物語っていたし、言葉も軽快だった。

「すごくよかった。悪いところがないと言った方が近いと思います。状態もよく来られています」

「(準決勝に進んだ2011年世界選手権の)テグと違うところは、ここからだと思えていることだと思います」

【次ページ】 周囲の期待、自分の「欲」が力みや硬さに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福島千里
世界陸上

ページトップ