世界陸上PRESSBACK NUMBER

十分な伸びしろ感じたサニブラウン。
ボルトとの勝負は「来年に!」と明言。

posted2015/08/27 12:00

 
十分な伸びしろ感じたサニブラウン。ボルトとの勝負は「来年に!」と明言。 <Number Web> photograph by AFLO

長いストライドが特徴的な走り、今後の期待が大きいその伸びしろ、それに取材で見せる臆すること無い性格も魅力だ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 収穫の多い2日間だった。

 サニブラウン・アブデル・ハキームは、世界選手権の200mで、期待に応える、いや上回ると言ってもよいパフォーマンスを見せた。

 8月25日、その日の走りは衝撃だった。サニブラウンが登場したのは予選の第4組、いちばん外、9レーン。3レーンにはジャスティン・ガトリン(アメリカ)がいる。

 サニブラウンは、得意とは言えないスタートに成功すると、その勢いに乗り加速する。直線に入っても衰えることなく走りきり、タイムは20秒35、ガトリンに次ぐ2位で準決勝進出を決めた。

 迎えた26日の準決勝は第2組、再びガトリンと同組。予選と同じ9レーンのサニブラウンは、スタートすると、外から懸命にガトリンらを追った。

 ただ、直線に入っての走りには、予選のような伸びはなかった。

「一本走った疲労感がいつもとは違うので、今日はきつかったです。後半、バラバラになってしまいました」

 結果は20秒47の5位。準決勝での敗退となった。

世界陸上史上最年少出場での堂々の走り。

 決勝進出はならなかったが、あらためてこの2日間を振り返れば、伝わってくるのはサニブラウンの与えたインパクトの大きさだ。

 世界選手権は初めての出場。いや、シニアの国際大会に出ること自体が初めてである。しかも、この種目では世界選手権史上最年少となる16歳5カ月での出場だ。

 日本代表選出が決まって以来、多くの注目を集めてきた。これまでにない大きな関心が寄せられる立場となった。高校2年生にして、環境は激変した。

 そうした中で迎えた大舞台での1本目となる予選、プレッシャーを感じても不思議はない。力を出し切れないことも、多々ある。なのに、堂々の走りで自己ベストまで0.01秒の好タイムをマークしたのだ。臆することなく走り抜けた。

「ちょっと緊張しました。でも、ふつうの走りができてよかったです」

 舞い上がる様子もない、いつもどおりの姿が、その言葉のとおりであることを示していた。

【次ページ】 ガトリンらトップクラスの選手と競いあったという糧。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サニブラウン・アブデル・ハキーム
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
世界陸上
オリンピック
リオデジャネイロ五輪
陸上

ページトップ