世界陸上PRESSBACK NUMBER

“夏場になれば強い”は幻想だった。
連続入賞逃した日本マラソンの現実。

posted2015/08/23 13:30

 
“夏場になれば強い”は幻想だった。連続入賞逃した日本マラソンの現実。<Number Web> photograph by AFLO

2時間21分6秒で21位の藤原正和。20キロ付近で先頭集団から脱落し、レース後「頭がボーっとして」と語った。優勝したのはフルマラソン経験3度目の19歳、エリトリアのギルメイ・ゲブレスラシエ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

「現実を突きつけられました」

 日本陸上競技連盟で男子長距離マラソン部長を務める宗猛氏の、レース後のコメントがすべてを物語っていた。

 8月22日、北京で世界選手権が開幕した。

 大会の最初の種目となったのは男子マラソン。今井正人が欠場となったため、日本からは藤原正和、前田和浩の2名が出場したが、藤原が2時間21分6秒で21位、前田は2時間32分49秒で40位に終わった。

 簡単にレースを振り返ってみる。

 夏のレースであることから、午前7時35分(日本時間午前8時35分)にスタート。その時点での気温は22度だったが、時間とともに上がることは十分に予想された。

 それもあってか、最初の5kmは16分6秒。その後も5kmのラップタイムはあがらず、ときに揺さぶりをかける選手が現れてもスローペースで推移する。

 15kmは藤原がトップから1秒差の4位、前田は8秒差の32位で通過する。しかし前田はそこから順位を落として行き、粘りを見せて食い下がっていた藤原も20kmを過ぎてから失速。そのまま両者とも巻き返すことはできなかった。

藤原、前田、両選手とも経験豊かな選手だが……。

 日本は世界選手権で8大会連続入賞していたが、その記録も途絶えることになった。それを考えても、惨敗と言われても仕方ない結果である。

 2選手とも34歳。藤原は世界選手権2度目、前田は1万mも含めれば4度目の経験豊かな選手だ。夏場のレースがどのような条件になるかも知っている。

 当然、対策は立てて臨んでいた。

 藤原は、ロスの少ない走りを目指し1年をかけてフォームの改造に取り組んできた。

 前田も7月に福岡で合宿を行なうなど、暑さを意識した調整を行なってきた。

 それらは功を奏さなかった。

 走り終えて、藤原はこうコメントした。

「順位も良くなくて申し訳ないです。一人になってからも前を追っていこうと思っていましたが、体が動きませんでした」

 一方の前田。

「対応できなかったです。19km過ぎから両足がけいれんしてしまいました。脱水はあったかもしれません」

【次ページ】 「日本人は暑さに強い」という評判。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
藤原正和
前田和浩
世界陸上
オリンピック

ページトップ