猛牛のささやきBACK NUMBER

来季はいない外国人を二軍で起用!?
田口壮が明かした、その深遠な理由。

posted2016/10/14 08:00

 
来季はいない外国人を二軍で起用!?田口壮が明かした、その深遠な理由。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ボグセビック外野手は日本初挑戦だった。現在32歳、田口二軍監督の心意気は彼に伝わっただろうか。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 福良淳一監督1年目、2016年のオリックスは、57勝83敗3分と26もの借金を抱えたまま最下位でシーズンを終えた。また、田口壮監督就任1年目の二軍も、40勝68敗8分でウエスタンリーグ最下位に沈んだ。

 不振の要因はいくつもあるが、外国人補強の失敗がチーム成績に影響したことは否めない。7人の外国人選手のうちシーズンを通してチームに貢献したと言えるのは、先発ローテーションを守り9勝を挙げたブランドン・ディクソンだけ。今季加入したブレント・モレルやブライアン・ボグセビック、エリック・コーディエは、オープン戦では期待を持たせる活躍を見せたが、シーズンが開幕するとその期待は大きく外れた。

一軍から抹消された外国人選手が二軍にあふれる事態。

 守護神として開幕を迎えたコーディエは、埼玉西武との開幕戦、4-3とリードして迎えた9回裏のマウンドに上がったが、自慢の速球を簡単に打ち返され、2点を奪われ逆転サヨナラ負けを喫した。この敗戦は、チームにとっても、コーディエにとっても、大きかった。その後もコーディエはストライクが入らないなど不安定な投球が続き、登録抹消となった。

 モレルとボグセビックもなかなか調子が上がらず、一軍と二軍を行ったり来たり。モレルは打率.244、打点38、本塁打8、ボグセビックは打率.187、打点18、本塁打3という寂しい結果に終わった。

 また、契約2年目のトニ・ブランコは27試合のみの出場で、打率.218、打点13、本塁打3。たまに豪快な一発を放つが、膝の痛みがひどいのか、巨体を揺らしながら足を引きずって走る姿が常となっていた。

 その他、パット・ミッシュはわずか3試合の登板で0勝1敗、防御率8.44。シーズン途中に獲得したマット・クラークも11試合のみの出場で打率.172に終わった。

 結果的に、調子が上がらず登録抹消になった外国人選手が二軍にあふれ、二軍のラインナップに外国人が3人並ぶことも珍しくなかった。その分、若手選手の出場機会は減ることになる。

【次ページ】 来年チームにいない選手を起用し続けた理由は?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田口壮
オリックス・バファローズ

ページトップ