月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

ハリル解任報道の“味付け”で分かる、
各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。

posted2018/05/01 17:00

 
ハリル解任報道の“味付け”で分かる、各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。<Number Web> photograph by Koji Watanabe/Getty Images

爆弾発言を期待した報道陣。会見内容は、代表監督の思い出と少しの皮肉、そして困惑の気持ちを告げるのみで終わった。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Koji Watanabe/Getty Images

「ハリル 日本協会に復讐 韓国代表監督に就任!?」

 大きな見出しが夕刊スポーツ紙の東スポに躍った。サッカーに詳しくない読者でも興味を惹かれる記事だろう。

 夕刊紙は朝刊スポーツ紙と同じことを書いても仕方ない。タイムラグがあるからだ。多くの読者は「ハリル氏が会見を行った」という基本的な事実を知っている。ニュースはじゅうぶん消費されている。

 ではどうするか。事実や論評だけではなく、いかに変化をつけた記事を書くか。これが夕刊紙やタブロイド紙の肝。「その切り口があったか」と思わせたらひとつの芸である。

「ハリル 韓国代表監督に就任!?」なんてその醍醐味のひとつだろう。

東スポはどうやってこの記事を生んだのか?

 東スポは「まさかの方法で日本に“復讐”する可能性も出てきた」とし、

《「韓国協会がロシアW杯後の代表監督として招聘する動きがある。韓国内には日本からの“引き抜き”にアレルギーがある一方で、さまざまな面でメリットのほうが大きいとの見方もある。実現もあり得るのではないか」と、韓国にもパイプを持つJクラブ強化担当者は指摘する。》

 と書いた。

 一般読者でも韓国は日本のライバルチームだと知っている。だからよくぞこの切り口に気づいたと思う。そしてよくぞ「韓国にもパイプを持つJクラブ強化担当者」に気づいて取材したと思う。

 そう聞かれれば「そんな可能性は100%無い」とは誰だって言い切れない。となれば「まさかの方法で日本に“復讐”する可能性も出てきた」という書き方もまったくのウソではないことになる。

 こうして興味をひく記事が1本成立する。

 では、朝刊スポーツ紙は今回のハリル氏の会見(4月27日)をどう伝えたか。

【次ページ】 「この2選手とは誰なのだろう」に応える新聞。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
香川真司
田嶋幸三
衣笠祥雄
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ