プロ野球PRESSBACK NUMBER

NumberWeb版、プロ野球順位予想!
2016年のセ・パ。優勝、CS争いは?

posted2016/03/25 11:15

 
プロ野球史上初となる「シーズン100勝」なるか? 3連覇もかかる工藤・ソフトバンク。

プロ野球史上初となる「シーズン100勝」なるか? 3連覇もかかる工藤・ソフトバンク。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

いよいよ2016年のプロ野球が開幕します。
昨季、混戦となったセ・リーグは前年最下位だったヤクルトが頭一つ抜けだして優勝。パ・リーグはソフトバンクが圧倒的な勝利で2連覇を収めました。
監督交代も相次いだ今季、どのようなペナントレースが展開されるのか……?
ナンバーが誇るライター2人と、ナンバー編集部野球担当者・Tが予想に挑みます。

●田口元義 スポーツライター

<セ・リーグ>
1位:阪神タイガース
2位:読売ジャイアンツ
3位:広島東洋カープ
4位:東京ヤクルトスワローズ
5位:中日ドラゴンズ
6位:横浜DeNAベイスターズ

<パ・リーグ>
1位:埼玉西武ライオンズ
2位:福岡ソフトバンクホークス
3位:北海道日本ハムファイターズ
4位:東北楽天ゴールデンイーグルス
5位:千葉ロッテマリーンズ
6位:オリックス・バファローズ

 開幕直前のこの時期は、プロ野球評論家たちの多くが「順位予想は難しい」と頭を悩ませる。

 無理もない。昨季の7月にセ・リーグ全球団が借金を背負い、DeNAの前半戦首位ターン。激戦の末に前年最下位のヤクルトが優勝すると予測できた評論家が、果たしてどれだけいたことだろうか。

 そうは言っても、優勝争いを左右するキーワードは毎年何かしらあるものだ。今季ならばおそらく、2番手の先発投手の出来具合がカギとなるのではないだろうか。

 昨季、セ・リーグの混戦はまさにここにあった。DeNAを除く5チームの2けた勝利投手が2人以上。裏を返せば、12球団で唯一、10勝以上がひとりもいなかったDeNAの凋落は必然だったのだろうし、投手力が拮抗するなか、チーム打率1位と破壊力も備わったヤクルトが頂点に立てたことも納得できる。

 この視点から今季を占えば、阪神が一歩リードといったところか。エース・藤浪晋太郎をはじめ、昨季11勝の能見篤史、そして岩田稔に古巣復帰の藤川球児も先発として期待できそうだ。巨人は内海哲也の二軍降格が決まり、マイコラスも開幕に間に合わないとはいえ、エース・菅野智之は健在だし、3年目の左腕・田口麗斗への期待も高い。広島も昨年の沢村賞投手・前田健太のドジャース移籍は痛すぎるものの、先発復帰の大瀬良大地が怪我から復帰し、福井優也、野村祐輔らが奮起すれば面白い存在になるだろう。

 パ・リーグの場合は、昨季、2番手投手の差が顕著に現れた。

 ソフトバンクはエース・攝津正が不調だったものの10勝をマークし、武田翔太が13勝、スタンリッジが10勝と、攝津を手助けできたことが連覇の要因となった。昨季2位の日本ハムも最多勝の大谷翔平はじめ、2けた勝利は3人。ロッテも涌井秀章と石川歩の力投によってCS進出を手繰り寄せた。今季もこの3球団の先発陣は侮れない。

 昨年Bクラスの3球団も先発陣が固まりつつある。西武は昨季11勝の十亀剣に開幕投手の菊池雄星、エースの岸孝之ら先発陣は磐石。優勝の可能性は十分にある。Bクラスでかろうじて10勝をふたり出したオリックスは、西勇輝、東明大貴に加え、今季は右肘手術の影響で昨季7勝に終わった金子千尋の状態も万全だ。2年連続最下位の楽天も絶対エース・則本昂大のほか、塩見貴洋、美馬学、トミー・ジョン手術から復活した釜田佳直と頭数は揃っている。

 今季のパ・リーグはどのチームがAクラスに食い込んでもおかしくはない。昨季とは逆に、むしろこちらが大混戦となるかもしれない。

【次ページ】 リリーフ投手力で予想してみると……。

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ