欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「自分を変えてプレーする必要が」
権田修一が語るSVホルン移籍の真相。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2016/02/10 11:50

「自分を変えてプレーする必要が」権田修一が語るSVホルン移籍の真相。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

ロンドン五輪ではベスト4に貢献、'14年ブラジルW杯でも代表メンバーとして活躍した権田。今年1月からSVホルン所属。

「自分の挑戦のため。それだけですよ」

「周りは面白おかしく見るかもしれない。でも僕はホルンと契約してサッカーをするだけ。必要以上に、圭佑くんを意識する必要はない。ここにいる他の日本人選手もそうですよ。はっきり言って、本田圭佑の存在を気にすることもなければ、顔色を見ることもない。何より圭佑くんはそんなことを望む人間じゃない。

 もちろん、僕が取り上げられることでホルンも取り上げられることは、クラブにとっても良いことかもしれない。僕がここに来ることで、これまでより少しはクラブの露出が増えるかどうか、圭佑くんがそこまで狙っているかどうかは知らないです。でもそうだったとしても、僕はホルンに少しでも貢献できるならそれでいい。何も複雑な感情はないですよ。

 僕がここに来たのはシンプル。環境を変えて、自分を変えてプレーする必要があったから。自分の挑戦のため。それだけですよ」

 ランチを食べ終え、すぐに車に乗り込み練習へ向かった。その日の夜には、ようやく決まった新居の契約を済ませた。

「2月、もう一度クロアチアにキャンプに行って。家族が来るのはその後です。妻と息子にとっても初の海外生活。でも、楽しくできそうです」

 大都会・東京とは比べ物にならないほどの片田舎、ホルン。権田の新たなサッカー人生。家族とともに、再び熱を込めてこの場所からスタートする。

関連コラム

<< BACK 2 3 4 NEXT >>
4/4ページ
関連キーワード
権田修一
SVホルン
本田圭佑

ページトップ