オフサイド・トリップBACK NUMBER

アンチェロッティ、3度目のCL優勝へ。
彼が現役最高の監督と言える理由。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/23 12:30

アンチェロッティ、3度目のCL優勝へ。彼が現役最高の監督と言える理由。<Number Web> photograph by AFLO

過去に所属したクラブで選手とトラブルを起こしたことがほとんどなく、現在もレアルで選手たちに慕われているアンチェロッティ。

 ヨーロッパのクラブのスタジアムには、栄光をもたらした名将が必ず祀られている。

 マンチェスター・ユナイテッドのオールド・トラッフォードには、マット・バズビーとアレックス・ファーガソンの銅像。アーセナルのエミレーツ・スタジアムでは、ハーバート・チャップマンとアーセン・ベンゲルの胸像がVIP用のエントランスに並んでいる。リバプールのアンフィールドなら、やはりビル・シャンクリー・ゲート(門)が有名だ。

 同じことは大陸側のクラブにも当てはまる。レアル・マドリーのサンティアゴ・ベルナベウは、かつての会長の名前に由来するし、ディナモ・キエフのロバノフスキーの銅像も、独特の郷愁をかき立てる。

 これらのモニュメントには、しかるべき理由とドラマがある。不明なのは、フルアムのクレイブン・コテージから撤去されたマイケル・ジャクソンの銅像ぐらいだ。

サッカー界、最高の監督は誰か。

 では、数多いる監督の中で一番優れていたのは誰か?

 少なくともヨーロッパの大会における戦績に限定するなら、答えははっきりしている。その人物は上に名を挙げた監督でもなければ、ブライアン・クラフやグアルディオラ、モウリーニョ、クライフ、サッキ、リッピ、カペッロ、エレニオ・エレーラでもない。驚くなかれ、リバプールを'74年から'83年にかけて率いた、ボブ・ペイズリーなのである。

 チャンピオンズカップ時代も含めれば、ペイズリーはヨーロッパの王座を3度手にしている。これに比肩する実績を持つ監督は存在しない。ユナイテッドを27年間指揮し、サッカー界の頂点に立つとされるファーガソンでさえ、優勝と準優勝が2回ずつで、ランキング的にはミゲル・ムニョスと同率の2位。名将の誉れ高いモウリーニョやグアルディオラは優勝2回、準優勝0で、格付け的には3番手グループに留まっている。

 むろんヨーロッパの大会における成績は、監督を比較する一つの指標に過ぎない。時代背景やクラブが置かれた状況、成し遂げた偉業の「文脈」はすべて違うからだ。

 事実、リバプールのファンの間で最も尊敬を集めているのは、シャンクリーである。2位に転落したクラブを強豪に変貌させ、かつ「フットボールは生きるか死ぬかという問題よりも、はるかに重要だ」という名言を残したシャンクリーは、クラブの精神的なアイデンティティーを確立したといえる。いかに手にしたタイトルが多くとも、リバプールの歴史の中でペイズリーが「脇役」的な立場に甘んじ続けている所以だ。

【次ページ】 現役最高の監督、カルロ・アンチェロッティ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
カルロ・アンチェロッティ
レアル・マドリー

ページトップ