Jをめぐる冒険BACK NUMBER

福岡にあり、C大阪になかったもの。
J1昇格は「拠りどころ」のある者に。

posted2015/12/07 15:00

 
福岡にあり、C大阪になかったもの。J1昇格は「拠りどころ」のある者に。<Number Web> photograph by AFLO

FC東京、大宮でJ1の戦いを経験してきた中村北斗が福岡昇格の殊勲者となった。来季、再びJ1の舞台でどんな戦いを見せるのか。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

AFLO

 J1昇格プレーオフ決勝は、両チームにとって良くも悪くも今シーズンの集大成となるゲームになった。

 先にゴールをこじ開けられたアビスパ福岡のMF城後寿は言う。

「先制されても取り返す試合を今年は何度も経験してきたし、悪い時間をうまく凌げたのがよかった。1年を通して課題をしっかり見つめ、改善してきたことが結果に繋がったと思います」

 リードを守り切れなかったセレッソ大阪のFW田代有三は言う。

「最後の最後で追いつかれることが今年は5、6回以上あったから、1年を総括したような試合になった。今日たまたま勝てたら昇格できたわけですけど、J1に上がるのに相応しいサッカーを1年間やったのは福岡のほうだったと思います」

 リーグ戦終了後に行なわれるプレーオフには、リーグ戦とはまったく異なるカップ戦としての側面と、リーグ戦の延長としての側面がある。

 今大会は、後者の側面が色濃く反映されることになった。

 それは、福岡が充実したシーズンを過ごしてきたことによるものであり、C大阪がリーグ戦での不安定さを引きずり、この大会でも勢いに乗れなかったからでもあっただろう。

先制されても、1点取ればいい福岡の選手は冷静だった。

 J2で3位のアビスパ福岡と4位のセレッソ大阪によるJ1昇格プレーオフ決勝は1-1のドローに終わり、規定によって上位の福岡がJ1昇格の切符を勝ち取った。

 ややC大阪のペースで進んでいた試合が動いたのは、60分のことだった。

 関口訓充とのパス交換から抜け出した玉田圭司がスライディングしながら左足のつま先でボールを突き、C大阪が先制する。

 だが意外にも、それまでチャンスらしいチャンスを作れていなかった福岡の選手たちは、冷静だったという。コントロールタワーの末吉隼也が振り返る。

「焦りはまったくなかったですね。しばらくしてセレッソが思いのほか受け身に回ったんですよね。それにセカンドボールも拾えるようになっていたし、サイドも破れるようになっていたから、この攻撃を続ければ1点は取れるなと」

 チームの心理状態について、末吉がさらに続ける。

「逆転しなければいけないとなると、焦りというかミスも出ますけど、1点取ればいいという心理状況は、試合をコントロールする上でいい方向に影響したと思います」

【次ページ】 3位のアドバンテージを生かすだけの力を養ってきた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アビスパ福岡
セレッソ大阪
中村北斗
井原正巳
山口蛍
大熊清

ページトップ