Jをめぐる冒険BACK NUMBER

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。
CSは冷静さが問われる特別な場所だ。

posted2015/12/03 18:20

 
今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。CSは冷静さが問われる特別な場所だ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

自らのゴールで勝ち越しから一転、ミスで勝利を失った今野泰幸。しかしまだ決勝は終わっていない。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 普通なら起こらないようなミスが、ふたつも起きた。

 犯したのは、経験の浅い若手選手ではなく、酸いも甘いも噛み分けたふたりのベテラン選手だった。

 ガンバ大阪の今野泰幸と、サンフレッチェ広島の森崎和幸。「天国から地獄」に突き落とされたのが前者で、「地獄から天国」に駆け上がったのが後者。

 国内屈指のボランチである彼らでさえ痛恨のミスを犯してしまう――。それは、11年ぶりの開催となったチャンピオンシップ決勝という大舞台の独特の雰囲気、プレッシャーによるものだったのかもしれない。

 G大阪のホームで行なわれたJリーグ・チャンピオンシップ決勝第1戦。

 2-1とG大阪のリードで突入した後半のアディショナルタイム、青山敏弘のクロスに佐々木翔が頭で合わせ、土壇場で追いついた広島は、なおも攻勢に出た。

 90+5分、G大阪陣内でボールが広島の選手に当たって右サイドのタッチラインを割ると、今野がボールを素早くピッチに投げ入れる――。

 が、パトリックを目掛けたボールは、森崎にカットされてしまう。

 青山とパス交換した森崎が丁寧なパスを出すと、山岸智がクロスを入れる。それをとらえたドウグラスのシュートは当たり損ねたが、こぼれ球を浅野拓磨が右足で強振、G大阪のDF藤春廣輝に当たったボールが柏好文の前にこぼれ、柏が右足で叩き込んだ。

 時間は90+6分。広島の勝利を、G大阪の敗戦を告げるホイッスルが吹かれたのは、その直後のことだった。

今野「僕自身が一番冷静に戦えていなかった」

「冷静に戦えなかったですね、やっぱり。僕自身が一番冷静に戦えていなかった……」

 試合後の取材エリアで、今野は言葉を絞り出すように言った。

「自分でもよく分からないというのが本音ですけど、気持ちが昂ぶっていた。2-1で勝ち切りたかったけど、2-2にされてからは、冷静に考えればひとり退場しているわけだから2-2でもよかったのに、僕が素早くリスタートして、それを奪われて失点してしまった。普段どおり冷静に戦えていれば、あそこはゆっくり時間を使ってやる場面。すごく情けないし、もったいない。チームを厳しい状況に追い込んでしまった……」

【次ページ】 ホームでの2-2引き分けは苦しい。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
今野泰幸
森崎和幸
サンフレッチェ広島
ガンバ大阪

ページトップ