JリーグPRESSBACK NUMBER

今野泰幸の「運」が試されたCS決勝。
何が紙一重の明暗を分けたのか。

posted2015/12/08 10:30

 
今野泰幸の「運」が試されたCS決勝。何が紙一重の明暗を分けたのか。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

今野泰幸が日本屈指のボランチであることに疑いはない。しかし、今回彼に何かが足りなかったのも事実なのだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 試合終了を告げる笛がなった瞬間、今野泰幸はガックリと腰を折って、うなだれた。敗戦のショックとその結果を受け入れられないのか、歓喜に沸くサンフレッチェ広島の選手たちをただ呆然と見つめていた。

 今野には、チャンピオンシップ決勝の第2戦を是が非でも獲らないといけない2つの理由があった。

 1つめは言うまでもなく、ホームで失った初戦(2-3)を取り返すためだ。初戦のアディショナルタイム、自らが焦ってスローインしたボールを森崎和幸に奪われ、決勝ゴールを献上し、手痛い敗戦を喫した。その夜は責任を感じ、悔しくてなかなか寝付けなかったという。だが翌日になると、「やり返す」という思いが強くなった。この2戦目で、初戦の借りを倍返しする必要があったのだ。

 2つめは、もちろんタイトル獲得のためである。昨年は3冠を達成したが、今シーズンは獲りにいったACLの準決勝で広州恒大に敗れ、ナビスコカップ決勝では鹿島アントラーズに完膚無きまでに叩きのめされた。

「今年ひとつも獲れないと、昨年は何だったのかということになる。残り2つ(リーグ戦、天皇杯)は絶対に獲るしかない」

 ナビスコに負けた直後、そう誓ったのだ。

「1-0のまま時間をつぶす」というプラン通りだった。

 そして、勝利のプランはあった。

「まずは先制する。そのまま後半終わりぐらいまでにいけば相手は焦ってくる。そうなると逆にこっちにチャンスが増える。早く2-0になればなったでいいけど、先制したらできるだけ1-0のまま時間をつぶし、慌てずに2点目を取りにいく」

 ガンバ大阪は初戦を2-3で失ったが、第2戦を2-0で勝てば逆転優勝できる。アウェイのリーグ戦では1-0で広島に勝利しており、そのスコアになる可能性は存分にあった。

 そして第2戦は、そのプラン通りに進行していった。

【次ページ】 CS3戦連続となる今野のゴールで先制。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
今野泰幸
Jリーグチャンピオンシップ

ページトップ