サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

W杯、日本に問われる“跳ね返す力”。
中澤&闘莉王の領域に近づけるか。

posted2017/12/09 11:30

 
W杯、日本に問われる“跳ね返す力”。中澤&闘莉王の領域に近づけるか。<Number Web> photograph by Getty Images

この7年間でセンターバックに問われる資質は増えた。ただ中澤&闘莉王が見せた体を張る守備は、現代表にも求めたいプレーだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ロシアW杯での日本代表は、「幅」がキーワードになりそうだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のチームは、ポーランド、コロンビア、セネガルと対戦することになった。いずれも強敵である。

 ポーランドはFIFAランキング7位の実力国で、16年のユーロでは初のベスト8入りを果たしている。コロンビアには'14年のブラジルW杯で完敗を喫した。当時のメンバーがパワーアップしつつ、4年前はケガで出場できなかった主砲ラダメル・ファルカオが復帰している。

 セネガルの評価も高い。欧州5大リーグでプレーする選手が並び、アフリカ最高のタレント集団と言われる。'02年以来の出場権を獲得したのも納得できる。

決勝T進出のためには少なくとも勝点4が欲しいが。

 日本が決勝トーナメントへ進出するためには少なくとも勝点4が、つまり1勝1分1敗の成績が必要になる。ところが、勝点3を奪えそうな相手はもちろん、勝点1を分け合えそうな相手も、現時点で見当たらない。これから見つけられるようになるとも思えない。“死のグループ”との表現は使われていないが、シミュレーションを重ねるほど苦い予感は膨らんでいく。

 ポーランドにはロベルト・レバンドフスキがいる。欧州予選全9グループで最多の16ゴールをマークした29歳は、キャリアの絶頂期にロシアW杯を迎えることになりそうだ。

 バイエルンでゴールを量産するこの万能型ストライカーを、どうやって抑えるのか。それこそはポーランド攻略の最大のポイントだが、警戒すべきは彼だけでない。ヤクブ・ブラシュチコフスキとカミル・グロシツキの両サイドアタッカーによるチャンスメイクこそは、攻撃の生命線となっている。どちらも突破力のあるウイングタイプで、ポーランドはピッチの「幅」を生かした攻撃をしてくる。

【次ページ】 ピッチの「幅」を使った攻撃にどう対応する?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
吉田麻也
槙野智章
昌子源
中澤佑二
田中マルクス闘莉王
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ