セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田圭佑の何が敬意を呼んだのか。
ミランが最後に主将を託した理由。

posted2017/05/30 17:00

 
本田圭佑の何が敬意を呼んだのか。ミランが最後に主将を託した理由。<Number Web> photograph by AFLO

今季、本田圭佑の存在感はほぼ皆無だった。それでも最後に敬意で送り出してもらえるのは、それまでの貢献を認められていたからこそなのだ。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

「ケイスケは今日、“カピターノ”だから」

 本田がゲームキャプテン? まさか。

 カリアリのスタジアムに着くなり、顔馴染みのミラン広報が茶目っ気たっぷりに言ってきた。

 半信半疑だったが、果たして“ミランのキャプテン本田”は現実だった。

 抜けるような青空の下、白いアウェー用ユニフォームを着てグラウンドに現れた本田の左腕には、確かに赤いキャプテンマークが巻かれていた。

 もう夏の匂いのするサルデーニャ島で、ミランでの本田のラストゲームはサプライズとともに始まった。

 ミランは前節ボローニャ戦で6位を確定させ、来季のヨーロッパリーグ(EL)3次予選出場権を獲得。4季ぶりの欧州カップ戦復帰への道が開けたことで、ミランの今季最後の遠征は祝賀ムードに溢れていた。

 対戦相手のカリアリにしても、セリエA残留を早々に決めており、最終戦に今更差し迫った目標があろうはずもない。

 ボローニャ戦の後半から途中出場した本田は、今季初得点となる鮮やかなFKゴールを決めていた。

こんな試合でも、サッカーは甘くなかった。

「本田には今季わずかなプレー機会しか与えなかった。彼がミランで過ごした3年半とそのプロ意識に(キャプテンマークを託すことで)報いてあげたかった」

 今季本田を冷遇してきた指揮官モンテッラは、もはや何のプレッシャーもないはずの最終戦で、10番に花道を飾らせたかったらしい。

 だが試合は厄介な生き物で、思ったようにコトが運ぶほどサッカーは甘くなかった。

 昨秋のジェノア戦以来7カ月ぶりに、グラウンドでキックオフの笛を聞いた本田は、3トップの左に入った。

【次ページ】 本田には、明らかに意図的にボールが集められていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
本田圭佑
ACミラン

ページトップ