箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

慶應の箱根駅伝プロジェクト始動!
中心人物に聞く、独自の10年計画。 

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2017/04/18 08:00

慶應の箱根駅伝プロジェクト始動!中心人物に聞く、独自の10年計画。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

今も忘れられない、30年前の箱根の記憶。

 実は、蟹江は箱根駅伝を体験した数少ない競走部OBの1人だ。

 同校が最後に箱根駅伝に出場した'94年の70回記念大会。当時蟹江は4年生で、選手として箱根路を目指していたが叶わず、4、8区のサポートに回った。

「自分で走れない悔しさと、チームで出場する喜びや一体感を、両方同時に味わいました。あの箱根は、自分の人生の宝。そして、ひょっとしたらその貴重な体験が、今回のプロジェクトの芽にもなったのかもしれない」

 今回のプロジェクトでも、その実体験が生かされていく。

「今まで、選手個人に焦点を当てた研究はあったが、チームに焦点を当てたものはない。個々の技術力だけでなく、チームワークとの連動で効果的なコーチング、チームビルディングを研究していきたい」

 現役の長距離ブロック長、下川唯布輝はまずは、具体的な眼前の目標として、来年の正月に走る関東連合に選手を送り出す事を挙げた。

「箱根駅伝プロジェクトの未来に繋げていきたい。10月の予選会ではチームのメンバー全員が同じ方向を向いていられるように、自分が監督やコーチと選手たちのパイプ役となって、しっかりとチーム作りをします」と。

壮大なスローガンが、実現に向けて動き出す。

 保科にも、忘れられない箱根駅伝がある。

 日体大学2年生の冬の事だ。

 調整ミスから左膝を痛めてしまい、12月には3回しかグラウンドで走る事が出来なかった。しかし駅伝の前日、最後の練習の後、主将と共に監督に呼ばれた。主将は過去3年間、同校の3区を任され、最後の年もエントリーされていた。しかしその場で、保科は監督から「3区を走るのは、お前だ」と告げられた。その時の主将の顔は、覚えていない。いや、直視できなかったと言う方が、適切な表現だろう。

 怪我をおして走り抜いた保科は、チームの準優勝に貢献した。主将とも、喜びを分かち合った。

 その時の主将の気持ちを、今も思う。保科は全てを受け入れて、こう言う。

「僕を育ててくれたのは、箱根」

 10人が走れば、10人にドラマがある。だから、日本人は駅伝に惹かれるのだろう。

 母校がそこにいない寂しさも、またある。

 慶應義塾は、今年、体育会創立125周年も迎える。スローガンは「学生スポーツの未来を担う」。

 学生スポーツを愛する多くの人間が、伝統校の復活へたすきが繋がれていく事を、見守っている。

関連コラム

<< BACK 2 3 4 NEXT >>
4/4ページ
関連キーワード
慶應義塾大学
蟹江憲史
保科光作
川合伸太郎
箱根駅伝

ページトップ