今日も世界は走っているBACK NUMBER

大迫傑、初マラソン3位のインパクト。
日本陸上の非常識は米国では常識?

posted2017/04/21 11:30

 
大迫傑、初マラソン3位のインパクト。日本陸上の非常識は米国では常識?<Number Web> photograph by Shota Matsumoto

ペースメーカーのいないボストンマラソンで快走を見せた大迫。2時間9分37秒で1位となったジェフリー・キルイと51秒差でゴールした。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

Shota Matsumoto

 長距離界のホープ、大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)がボストンマラソンで強烈なデビューを飾った。

 そもそも筆者は、大迫がこの時期に初フルマラソンを選んだことだけで驚いている。昨年10月、出雲駅伝の解説で一緒だったときに大迫は「トラック競技の練習も完璧にこなせていないのでフルマラソンはまだ考えられない」と語っていたのだ。

 今年2月には、久しぶりに走った国内レース「香川丸亀国際ハーフマラソン」で1時間1分13秒の自己新記録。勝負では最後のツメで神野大地(コニカミノルタ)に競り負け、悔しさを滲ませていたが、2017年シーズンに向けてまずまずの仕上がりを見せていた。

 ただこの時点で筆者は、今回のハーフマラソン出場はトラックシーズンに向けたトレーニングの一環だろうと考えていた。

ナイキ・オレゴンプロジェクトの筋書き通りだった?

 ところが、丸亀ハーフが終わって少し経った2月21日、Twitter上で「大迫、ボストンマラソン走るってよ。」という本人のつぶやきがアップされ、大迫のマラソンデビューが発表されたのだ。

 まるで他人事のようなTwitterの言い回しだったのは、本人の中に“できるだけ気楽に初マラソンを走りたい”という気持ちがあったからかもしれない。

 一方でこういう見方もある。

 ナイキ・オレゴンプロジェクトのコーチが4月17日のボストンマラソン出場を指示した、というストーリーだ。

【次ページ】 あまりに早く準備させてしまうことのデメリット。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大迫傑
金哲彦
ナイキ・オレゴンプロジェクト

ページトップ