炎の一筆入魂BACK NUMBER

勝つことを知り、優勝の重みを得た。
V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。

posted2016/12/31 07:00

 
勝つことを知り、優勝の重みを得た。V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

16勝3敗の成績でセ・リーグの最多勝と勝率第1位のタイトルを獲得した野村。プロ入り5年目で年俸1億円超(推定)を達成し、来季は開幕投手も狙う!

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 日本一こそ逃したが、2016年は広島のシーズンだった。新井貴浩の2000安打と黒田博樹の200勝という大記録が同時に誕生し、25年ぶりの戴冠で2人が涙した。レジェンドの1人黒田が現役を引退し、背番号15は永久欠番となることも決まった。オフには野球ネタにとどまらず、流行語大賞まで受賞する、まさに「神ってる」1年だった。

 シーズン中盤から見せた驚異的な強さは偶然生まれたものではない。

 黒田と新井という投打の両輪に引っ張られるように、試合を重ねるごとに力をつけていった。89個積み重ねたものは、白星だけでなく、広島ナインの自信でもあった。勝つことで自信をつけ、勝つことで形ができていった。シーズン中盤は勢いだけではない、本物の強さがあった。

チームの成功体験が、若手選手を急激に成長させた。

 意識の変化を生む要因は、チーム内にもあった。

 '16年、「ビッグレッドマシンガン」とも呼ばれた強力な打撃陣。684得点という数字だけで表されるものだけでない。安定した得点力は、間接的に投手陣を助けることにも繋がった。

 好調な打線と精神的な成長がうまくかみ合い、飛躍したのが野村祐輔と言える。

 シーズン中は何度も「1点を取られても、次の1点を与えないように切り替えようとしてきた」。言うは易しも行うは難しだろうが、実際にシーズン序盤は打線の援護で得た勝ち星も多かった。

 成功体験が野村の精神的成長を後押ししたと言える。

【次ページ】 強力な打撃陣は相手打線にも影響を与えていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
黒田博樹
新井貴浩
野村祐輔
東出輝裕
迎祐一郎
石井琢朗
堂林翔太
野間峻祥
広島東洋カープ

ページトップ