Number ExBACK NUMBER

黒田博樹が“花道”に選んだ、
「大谷翔平」という比類なき才能。

posted2016/11/04 12:20

 
黒田博樹が“花道”に選んだ、「大谷翔平」という比類なき才能。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

日本シリーズ第3戦での黒田と大谷。オフシーズン、黒田は米国の自宅でしばらく野球のことを忘れて過ごすつもりだという。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 馴染みの顔が妙にかしこまっている。

「結婚式でもあるのか?」

 そんな冷やかしに照れ笑いが返ってくる。これ、これ、この空気だよな。そんな実感が自分の足取りも、しゃっきりとさせる。編集部から日本シリーズの取材に行かせてもらった。新聞記者時代から、かれこれ7度目だが、何度きても、ここは特別だ。

 ヨレヨレのシャツがトレード・マークのあいつが、首元にネクタイをぶら下げている。

「俺はいつも変わらないよ」

 そう、気取っている奴だって、心は“正装”して、担当チームの勝利を祈っている。そんな舞台なのだ。そして、今年のシリーズ、誰よりも着飾り、ビシッと決めて、主役となる権利のある男がいた。

 黒田博樹。

最後まで“別れの儀式”を拒み続けた黒田。

 広島が誇る世界のエースは、シリーズ前に現役引退を表明した。ところが、黒田はネクタイどころか、いつものように泥だらけの「戦闘服」のまま、戦いに臨んだ。

「特別なことはないです。いつも最後だと思って、やってきましたから」

 報道陣がどんなに、シリーズを“別れの儀式”として飾ろうとしても、それを拒んだ。

 忘れられないのは第3戦、札幌ドームで先発したゲームだ。6回2死まで、投げ終えたところで、ベンチに異変を訴え、ダグアウトへ下がった。右足のふくらはぎがつっていた。数分の治療の後、戻ってきた黒田はわずかな可能性を探るように、ピッチング練習を3球したところで、悟った。

「無理だな……」

 自ら降板した。この時、近くにいた一塁手・新井貴浩は、黒田の足がガクガクと震えていたのを見たという。

 限界まで戦った男の姿だった。

 そして、神様の無慈悲か、ここから広島は逆転負けを喫し、以降、1度も勝利を得られないままシリーズを終えたのだ。

【次ページ】 黒田が最も輝いたのは、敗戦のマウンドだった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
黒田博樹
新井貴浩
大谷翔平
広島東洋カープ
北海道日本ハムファイターズ
日本シリーズ

ページトップ