欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「レーブは時代遅れにならない監督」
ドイツがEUROに持ち込む戦術の数々。

posted2016/06/08 11:00

 
「レーブは時代遅れにならない監督」ドイツがEUROに持ち込む戦術の数々。<Number Web> photograph by AFLO

若い才能が続々と生まれ続け、2014年W杯の優勝を知るベテランも多く残る。ドイツに死角は見当たらない。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 マヌエル・ノイアーの言葉に、ドイツ代表の強さが凝縮されているだろう。5月29日のスロバキアとのテストマッチ前日、この守護神はアウクスブルガー・アルゲマイネ紙のインタビューにこう語った。

「ヨアヒム・レーブは時代遅れにならない監督だ。多くの監督が自分のスタイルに固執する中、常にサッカーを成長させ続けている。素晴らしい作曲家であり、お手本となる存在だ」

 2014年W杯王者のドイツは、EURO2016において開催国・フランスとともに優勝候補の筆頭にあげられている。左FWのロイスが負傷でメンバーから外れ、DFリーダーのフンメルスの復帰が遅れ、さらに長期離脱していたシュバインシュタイガーがどこまで復調するかも未知数だ。ラーム、クローゼ、メルテザッカーのベテラン3人がW杯後に代表を引退し、大会中のリーダーシップにも不安が残る。

レーブが想定する、ドイツが苦しむ2つの戦い方。

 それでもドイツの評価が高いのは、サネ、バイグル、キミッヒら優れた若手が次々に出てきているだけでなく、レーブが監督として進化し続けているからだろう。

 たとえばレーブは、スポンサーの力を借りて専用アプリを作り、選手が練習メニューを事前に見られるようにしている。デジタル世代の選手たちにとって、すごく効果的なアプローチだろう。

 また、スイス・アスコナで行った事前合宿ではドイツU-20代表を呼び寄せ、20分のゲームを計4回行った。その際、レーブは後輩たちに、最初の2本は「前線からハイプレスをかける」ように頼み、ラスト2本は「後ろに引いた状態で守る」ように伝えた。

 ドイツはクロースの成長などによって、W杯後も技術レベルが一段と上がっており、パスワークに磨きをかけている。ドイツを苦しめるには、ビルドアップに激しくプレスをかけるか、もしくは自陣深くにブロックを築くか、そのどちらかしかない――。レーブはそう想定し、ドイツU-20代表を使って、シミュレーションを行ったのだ。

【次ページ】 SBが人材難なら、3バックにすればいい。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マヌエル・ノイアー
ヨアヒム・レーブ

ページトップ