フランス・フットボール通信BACK NUMBER

'22年W杯開催地カタールの無気力。
サッカー熱は皆無、観客はサクラ。

posted2017/11/30 10:30

 
'22年W杯開催地カタールの無気力。サッカー熱は皆無、観客はサクラ。<Number Web> photograph by Sebastian Castelier

「カタール・スターズリーグ(QSL)」の試合は、いつもこんな感じの観客席だというが……。

text by

クエンタン・ミュレール

クエンタン・ミュレールQueentin Muller

PROFILE

photograph by

Sebastian Castelier

 2022年のワールドカップ開催を控えるカタールだが、開催地決定の際の不正疑惑報道が世界を賑わせて以降は、さしたるニュースも聞こえてこない。そのカタールを、『フランス・フットボール』誌11月14日発売号は取り上げている。

 雰囲気を盛り上げるために金で雇われたサポーターと、芳しくないリーグの評判――。

 5年後のワールドカップに向けて、サッカーを根づかせようと必死に取り組む姿と抱える問題を、クエンタン・ミュレール記者がレポートする。

監修:田村修一

わずかな観客も、お金で動員されている?

 21歳のアブドゥル・ラーマンは、白いディシュダシャ(アラブ地域の白く長い服)に身を包み楽し気に歌っている。

 彼の周囲では、クラブチーム「アル・ライヤン」のチームカラーである赤いTシャツに身を包んだ50人ほどの男たちが一緒に手を叩いてリズムをとっている。太鼓の陽気な音が、観客のいない閑散としたジャシム・ビン・ハマド・スタジアムに鳴り響いく……。

「カタール・スターズリーグ(QSL)」でのアル・ライヤンとアル・マルヒアの試合は、地元の人々の関心をほとんど集めていない。そしてスタンドで唯一音を立てている人々はカタール人ではなかった。そんなサポーターの1人であるアブドゥル・ラーマンが説明する。

「ここで騒いでいるのはエジプトやスーダン、僕のようにイエメンから来た連中だ。クラブは1人当たり200カタールリヤル(約45ユーロ)を払って、試合の雰囲気を盛り上げようとして僕らを雇っているんだ。カタール人にはそんな少ないお金は必要じゃないし、そもそも彼らは試合を見に来ない」(QSLの事務局は、われわれの度重なるインタビュー要求、とりわけクラブのサポーターへの謝礼支払いに関する質問の回答をことごとく拒否した)

【次ページ】 王家と国力を挙げてのサッカー振興も不発に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
ハッサン・ハリド・アルハイドス
アル・ライヤン

ページトップ