JリーグPRESSBACK NUMBER

NumberWeb版、2014年J1順位予想!
識者3人が推す優勝、そして降格は? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2014/02/28 10:40

NumberWeb版、2014年J1順位予想!識者3人が推す優勝、そして降格は?<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka/AFLO

J1の全監督が勢ぞろいしたキックオフカンファレンス。今年は5チームが新監督を迎え、戦術的にも大きな変化がありそうだ。

2014年3月1日に迫ったJ1開幕。毎年予想を裏切る躍進、
停滞が見られ「世界で最も予想が難しい」と言っても過言ではないJ1。
その困難な予想に、Numberが誇る3人のJリーグウォッチャーに
挑んでもらいました。大型移籍あり、指揮官交代あり、そしてW杯日程あり。
今年も波乱必至のJ1予想、いよいよ始まります!

●北條聡 元『サッカーマガジン』編集長

 何の因果か、やっと解放されたと思ったJリーグの順位予想……よもや再びやることになろうとは(笑)。

 ここは開き直って、妄想、戯言を書きなぐります。ご容赦ください。

 早速、優勝クラブの妄想を。

 ACLとの掛け持ちは負担大という視点(言い訳)から昨季のトップ4をごっそり外して、5位以下から探った末の『浦和推し』で。守護神(西川)の補強が決め手です。

 世界のトップクラブを見渡しても強者の守護神は、いずれ劣らぬつわものぞろい。得点(失点)に直結する局面に関わる以上、その値打ちはストライカーと同等かと。守護神の出来がよりダイレクトに反映されるJリーグなら、なおさらですね。

 対抗に推すのは、これまた菅野という優れた守護神を擁する柏です。今季は「もう一人のレアンドロ」という主砲の確保も大きいかと。決め手不足では、結果と内容の辻褄を合わせるのに苦労しますから。

 ダークホースの呼び名は不適切でしょうが、G大阪も推したいところです。昇格チームのごぼう抜き、という柏の再現もあり得るかと。

 三連覇を狙う広島、フォルランが加入したC大阪、四国初のJ1クラブの徳島など、話題性なら「西高東低」の気圧配置。G大阪を蚊帳の外に置くわけにはいかないですね。

「私をブラジルに連れてって」とばかりに大暴れしそうな宇佐美に覚醒気配濃厚とくれば、推さない理由はありません(左足の故障で復帰は4月末を予定)。宇佐美、柿谷の両人をライブ(スタンド観戦)で目撃できる幸せ。それを思えば、予想なんぞは……おっと失礼しました(汗)。

 最後に伏兵として新潟を挙げたいですね。攻守を問わぬハードワークは、どんな相手をも苦しめる代物。鬼のプレッシングとマンマークは、ポゼッション志向の強いJクラブの力量をあぶりだすリトマス試験紙でしょう。今季も侮れません!

 という具合に、果てしなく妄想がふくらみ……そんなわけで、そろそろお開きとさせていただきます。

1位:浦和
2位:柏
3位:G大阪
4位:広島
5位:川崎F
6位:C大阪
7位:新潟
8位:鹿島
9位:名古屋
10位:横浜FM
11位:F東京
12位:神戸
13位:清水
14位:大宮
15位:仙台
16位:鳥栖
17位:甲府
18位:徳島

【次ページ】 広島の割り切りと、横浜の過密日程がポイント?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
浦和レッズ
柏レイソル
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ

ページトップ