Jリーグ万歳!BACK NUMBER

広島、悲願のJ初優勝ドキュメント。
ビッグアーチを揺らした躍動の90分。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAkihiro Sugimoto/AFLO SPORT

posted2012/11/26 16:30

広島、悲願のJ初優勝ドキュメント。ビッグアーチを揺らした躍動の90分。<Number Web> photograph by Akihiro Sugimoto/AFLO SPORT

Jリーグ発足時の10クラブの中で唯一、3大タイトルに縁がなかったサンフレッチェ広島。1994年のファーストステージ優勝の際の主力選手だった森保一が、監督としてチームに初の年間王者の栄誉をもたらした。

  キックオフを45分後に控えた13時45分、突然、スタジアムDJが予定稿にない“アドリブ”を叫んだ。

「皆さん! メインスタンドから向かって右側、電光掲示板の上を見てください。キレイな虹がかかっています!」

  広島ビッグアーチの上空にどんよりと立ち込めていた雨雲が、ほんの一瞬だけきれいに取り払われた瞬間だった。見ると確かに、大きな虹が掛かっている。何かを期待せずにはいられないほど大きなアーチに、スタンドが沸いた。

  この試合でセレッソ大阪に勝って、なおかつ、2位のベガルタ仙台がアルビレックス新潟に負ければ優勝――。悲願達成の可能性を視界に捉えたサンフレッチェ広島にとって、決して簡単なゲームではなかった。

  9月15日の第25節、仙台との直接対決を制して首位に立った広島は、続けて名古屋グランパス、サガン鳥栖との上位対決を制して首位を独走。しかし、第28節横浜F・マリノス戦以降の5試合でわずか1勝とペースダウンすると、2位仙台との勝ち点差は1に縮まった。クラブ史上初のJ1年間王者獲得に近づくことで重くのしかかるプレッシャーは、おそらく無意識のうちにチームに蔓延していったに違いない。

立ち上がり、試合の主導権はアウェーのセレッソ大阪に。

「最悪の出来だった」

  選手たちがそう振り返る前節の浦和レッズ戦は、0-2という結果以上にネガティブな影響をもたらす可能性があった。チームのすべてを知る昨季までの指揮官、ペトロビッチが講じた対策があまりにも有効に機能して“しまった”ためである。試合後、敵将は古巣に対する苦言を躊躇することなく言い放った。

「今の広島を見ると今後どうなるか心配だ」

「ボールを前に運ぶシーンが作れていない」

「万里の長城のような守備をしているが、攻撃に迫力がない」

  あの敗戦から1週間後の今節、3万2000人以上の観客がホームのスタンドを埋め尽くす独特の緊張感からか、広島は立ち上がりの主導権をセレッソ大阪に握られかけた。

  最前線でキープしてタメを作る杉本健勇、2列目から飛び出す山口螢、セカンドボールを拾って高精度のクロスを上げる左サイドバックの扇原貴宏――。シンプリシオと横山知伸が広島のパスの“出どころ”を潰して素早く前線につなぐセレッソのスタイルは、浦和が実践した広島対策と同じだった。故障を抱えているとはいえ、柿谷曜一朗も嫌らしいポジショニングで好機を窺っている。

  しかし5分、意外な男の、一見して無謀なロングシュートが試合の流れを変えた。

【次ページ】  大きく外れたシュートが、選手たちの足を地につけた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
サンフレッチェ広島
佐藤寿人
水本裕貴
森崎和幸
高萩洋次郎
清水航平
石川大徳
青山敏弘
セレッソ大阪
森保一
ミハイロ・ペトロビッチ
森崎浩司

ページトップ