野ボール横丁BACK NUMBER

杉内俊哉が背負う巨人の「18番」。
背番号の“物語性”を巡る今昔。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/12/28 10:31

杉内俊哉が背負う巨人の「18番」。背番号の“物語性”を巡る今昔。<Number Web> photograph by KYODO

巨人の入団発表で原監督に帽子をかぶせてもらう杉内俊哉投手。「重たい背番号だということは、理解している。誰かに渡す時にもっと重たいものにしたい」とコメントした

 FA宣言し、巨人への移籍が決まったソフトバンクの杉内俊哉が、新天地で背番号18を背負うことになった。

 正直、ちょっと驚いた。

 真っ先に頭に浮かんだのは、澤村拓一のことだ。

 昨年のドラフト会議でのこと――。

 巨人から1位指名を受けた中央大の澤村は、会見の席で希望する背番号はあるかと問われると、顔色ひとつ変えずにこう即答した。

「18番です」

 ぞくっとした。

 松坂大輔が西武入団時に18番を着けてからというもの、各球団とも、期待のルーキーに1年目から18番を与えるようになった。

 ただし、巨人の18番は年季が違う。

 古くは藤田元司や堀内恒夫、そして1986年から2006年までは桑田真澄が着けた由緒正しき球団のエース番号である。

選ばれし投手だけが背負える、巨人のエースナンバー「18番」。

 真にふさわしい人物しか背負うことは許されず、桑田が引退してからは空き番になっていたのだ。その間、真田裕貴や久保裕也が18番を希望したことがあるが、まだそのレベルに達していないという理由で実現しなかったという。

 それをまだ何の実績もない大学4年生が欲しいと口にしたのだ。他の球団で18番を希望するのとは、その重さがまったく違う。

 若者の心意気にこたえ(あるいは、その迫力に押され)、巨人は18を着けさせるのではないかと思った。

 だが当時、球団代表だった清武英利は、時期尚早であるとし、澤村には「18は力で勝ち取って欲しい」と15番を与えた。

【次ページ】 巨人の18番は与えられるものではなく奪うもの。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
杉内俊哉
澤村拓一
堀内恒夫

ページトップ