ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

本田圭佑はW杯で先発すべきか。
本人に聞いた“ズレ”と守備強度。

posted2018/06/12 07:00

 
本田圭佑はW杯で先発すべきか。本人に聞いた“ズレ”と守備強度。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ガーナ、スイス戦と結果を残せなかった本田圭佑。3度目のW杯のピッチに立てるのか?

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 思わず、耳を疑ってしまった一言である。

「圭佑は、かなり手応えというか、良かったんじゃないですかね」

 現地時間8日に、スイス・ルガーノで行われた強化試合、スイス戦。0-2で日本が敗れた試合後の、西野朗監督の言葉である。

 4-2-3-1のトップ下には、本田圭佑が入った。代表では4年前のブラジルW杯以来の、本職のポジションである。

 率直に言って、本田のプレーは攻守ともに高い評価は与えられないものだった。何かをしようとしていた、その意図や意識はこちらに伝わる動きだった。しかし、出来、精度、そして結果と、どれも到底満足できるプレーではなかった。

直近2試合で見せた低調な出来。

 W杯本番まで、時間がない。あえて、いやここではっきりさせなければならないことがある。

 日本が勝つ確率を少しでも上げるために、ここで本田は先発から外すべきなのではないか。

 なぜ、西野監督は本田をスターティングメンバーで使い続けているのか。先月30日のガーナ戦、そしてスイス戦と、西野体制になっての2試合で背番号4は先発出場している。

 本番まで猶予がない一方で、新体制になって数えるほどしか試合ができないままW杯に突入しなければならない現実もある。だからこそ指揮官は組織の練度を高めたい思いと、選手を起用しては見極める考えの両方で揺れ動きながらチーム作りを進めなければならない。

 その上で、直近2試合で本田を先発テストしたことは十分理解できる。

 ただ、そこで本人が見せたのは、低調な出来だった。

 西野監督は冒頭のコメントに続いて、本田についてこんなことも述べている。

「予想以上に動きも取れていたし、守備に入る意識、連動する意欲もあった」

【次ページ】 ボール奪取など守備強度が高まらない。

1 2 3 4 5 6 NEXT
本田圭佑
西野朗
香川真司
乾貴士
武藤嘉紀
大迫勇也
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ