ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

本田圭佑はW杯で先発すべきか。
本人に聞いた“ズレ”と守備強度。
 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/06/12 07:00

本田圭佑はW杯で先発すべきか。本人に聞いた“ズレ”と守備強度。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ガーナ、スイス戦と結果を残せなかった本田圭佑。3度目のW杯のピッチに立てるのか?

大迫、武藤、乾が描く攻撃の絵は……。

 一方、1トップに入った大迫の意見はこうだ。

「サイドにボールが入った時に、もっとセンタリングを上げてもいいと思う。そこでボールをこねていたところがあったので、そこは(周りの選手に)伝えました。あとはサイドチェンジした時に速く攻めるスイッチを入れることも意識したい」

 大迫に替わって登場した武藤はこう語る。

「もう少しアーリークロスを増やしてもいいかなと。そうするとゴール前で何かが起きる。早い段階で速い弾道のクロスを入れたり、あとはドリブルで縦に抜けきるだけでなく、相手の股を抜いてクロスを入れるとか」

 左サイドラインに張り出してプレーすることが多かった乾も、チームの攻撃をこう見ていた。

「みんな、狭いエリアを崩す攻撃に固執しすぎている。そのへんは練習から言っていかないといけない。逆サイドに振ってもらえればフリーのシーンはいっぱいあった。そういう場面が増えればいい」

 どれも、本田のコメントに呼応した回答ではない。ただ結果として、本田とその他の選手が描く攻撃の絵が、違っているのである。

「俺は選手から直接聞いているので」

 では、当の本田はこの現状をどう考えているのか。果たして、周囲との差異を自覚しているのか。スイス戦翌日、本人に直接話を聞いた。

――率直に聞きたい。マイボールになった時はもっと3人目の動きや連係とか、サイドでの崩しをもっと深めたいと話していた。一方で、そのトライはかなり時間を要するもので、あと10日間でどこまでできるかという疑問点が1つ。あと、他の選手たちからは「早くサイドからボールがほしい」とか、「アーリー気味でも良い」という声がある。正直、本田くんの言っていることと周りの絵がズレているところがある。

「いや、その情報はメディアから聞いている以上に、俺は選手から直接聞いているので。それをどう詰めるかという作業は場面によると思います。だから、早く(ボールが)ほしいという議論は、もちろん中にいる選手で、例えば岡崎みたいな選手がいれば、それは常に彼なんかは僕と10年間ぐらい代表で話しているけど、その議論で一切折り合うことがないまま。岡崎はボールをもらいたいわけですよ。でもそんなもんだし、FWは。

 そういうFWが一発を狙ってという動きをしているから、例えばこの間、僕が長友(佑都)から横パスが来てシュートに持っていけなかったシーンも、あれも(岡崎みたいな)そういう選手がいるから僕ももらえたりもする。全員が同じようなスタイルで足元、足元のプレーになっていたら、僕があそこでもらうこともできない。そこのタイプとの融合だと思っているので。3人目を生かした攻撃は今に始まったわけではない。みんなやり方はわかっている。それをハイレベルの中で点を取るために、緊張感がある中でやらないといけないということ」

【次ページ】 「自信を過信に変えていくぐらいに」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
本田圭佑
西野朗
香川真司
乾貴士
武藤嘉紀
大迫勇也
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ